介護キーワード集 -用語解説

さ行

在宅介護

介護を必要とする高齢者を家族が自宅などで介護することを言う。家族の介護により本人は安心感が大きいが、介護者側の家族にとってはさまざまな面で負担も大きいため、介護保険制度ではデイケアや訪問介護、ショートステイなどのサービスが活躍する。

座位入浴

入浴台などを使い、座った姿勢から浴槽へ入る入浴方法のこと。

社会福祉士

社会福祉においての専門知識や技術をもつ専門職である。高齢者や身体的、精神的に障害をもつ方などが、日常生活をスムーズに送れるよう指導、支援を行う。病院や福祉施設など色々な場所で、相談員として活躍している。

ショートステイ

短期入所の事で、高齢者などの要介護者が介護施設へ7日間以内の短期間で入所し、家族に代わり施設が入浴など日常生活の介護を行うサービス。

睡眠障害

夜間眠れないなど睡眠に関してなんらかの問題がある症状を言い、ストレスやアルコール、精神的な病など人それぞれの原因がある。日常生活に支障をきたすほどの、日中の眠気や集中力の低下が引き起こされる事もある。

生活習慣病

以前までは成人病と呼ばれていた病気で、普段の生活習慣において、運動不足、過度な飲酒、ストレス、喫煙、偏食などが原因で発症する疾患を総称して「生活習慣病」と言う。主な疾患には糖尿病、高血圧症、骨粗しょう症、脳卒中などがあげられる。

清拭

自力では入浴が困難である要介護者に、温かいタオルなどを使い定期的に体を拭くこと。体が清潔に保たれるだけでなく、血行がよくなるマッサージ効果もあるため、心身ともに良い効果をもたらす。

脊髄小脳変性症

小脳や脊髄といった運動と関係する神経の変性によって起こる難病の総称。特定疾病と認定されている。

ソーシャルワーカー

国家資格である社会福祉士または、精神保健福祉士の資格を持つ者をこのように呼ぶ。日々の生活を送る中で問題点や不安を抱えながら過ごす人々の福祉における相談を受け、解決に向け支援する仕事。高齢者・障害者の福祉施設や、病院等の医療機関、学校などさまざまな場所で活躍している。

側臥位(そくがい)

横向きに寝た体勢のことで、介護での基本的な体位の一つ。