介護キーワード集 -用語解説

な行

ナイトケア

特別養護老人ホームなどの施設で、夜間のみに介護が受けられるサービスのこと。認知症、寝たきりなどの高齢者が入所対象となり、自宅で介護を行う家族の負担が軽減されることも目的となっている。

入浴サービス

寝たきりで自力での入浴が難しい方などに対して、自宅まで訪問し組み立て式の浴槽等を使い入浴の介護を行うサービス。訪問入浴サービスとも呼ばれ、介護福祉士や看護士などの専門のスタッフによって、利用者の体調に合わせて適切な入浴方法で行う。

尿失禁

尿が外に漏れてしまうことをいう。加齢や病気など原因別でさまざまな種類があり、認知症が進行すると尿失禁になりやすい方も多い。

認知症

痴呆症ともいう。様々な原因により、人の身体をコントロールする大切な役割をもつ「脳」の細胞の働きが悪くなったり壊れたりして社会生活や日々の生活で支障が生じるようになること。老化することによって起こるもの忘れとは違い、病気によって起こるものである。

認知症対応型共同生活介護

グループホームといわれ、認知症の高齢者の方を利用対象とした地域密着型サービスのひとつ。アットホームな雰囲気の環境で、介護スタッフを交えた少人数で共同生活を送る。サービスの主な内容としては、日常生活においての世話や機能訓練が受けられる。

認定区分変更

認定区分変更とは、要介護認定が出た者に対して認定を受けた時期より、要介護者の現状が急激に悪化したり変化が出た場合に認定を見直す為の認定申請ができることである。申請を行った後は、新たに調査を受け新たな介護度が決定する。

認定調査

要介護認定の申請書を市区町村の窓口などに提出した後、調査員が直接訪問して行われる聞き取り調査を指す。調査内容は、介護対象となる方、その家族に対して身体機能や日常生活を送る中での様子などを確認する。

認認介護

高齢者に多い認知症を患っている方を、同じ認知症である方が在宅で介護していることを「認認介護」という。お互いが認知症である事から生活を維持することが難しく、食事や服薬などの行動を忘れてしまい病状の悪化を招くなど多くの問題がある。

寝たきり

病気・骨折等の大きな怪我など様々な原因から、ほぼ一日中布団やベットから動かずに横になり寝ている状態を指す。日常生活などで介護を必要とし、身体を動かさずに過ごすため筋力の低下が起こる。

ノーマライゼーション

高齢者や障害者など普通の生活を送る事が困難な方たちが、社会において健常者と変わらない生活が送れる世の中を目指し、同等の義務や権利を担い生きられることを目的とした考え。

脳血管疾患

脳の血管がトラブルを起こし脳細胞に障害を受ける病気の総称をいう。くも膜化出血や脳梗塞なども脳血管疾患にあげられる。運動不足・塩分の過剰摂取・コレステロールが高い食事をとりがちなどの生活習慣も脳血管疾患を引き起こす原因となる。