介護キーワード集 -用語解説

ま行

慢性関節リウマチ

膠原病の一種とされており、手足などの関節に腫れや痛みなどの炎症がおこる病気である。早期発見が重要であり、慢性化すると関節の破壊・変形が起こる。中高年の女性の発症率が高いが、原因ははっきりしていない。

マンパワー

介護においてのマンパワーとは、要介護者に対して専門知識や技術をもったうえで相談や指導を行ったり、食事や入浴、排泄等の日常的な基本動作の介護サービスを行う人のことを指す。

見守りサービス

高齢者の方と離れて暮らす家族の代わりに、1人で暮らす高齢者を見守るサービスの事。郵便局の職員が自宅を訪問し安否を確認するなどのサービスもあり、見守り内容はさまざまである。介護保険は適用されないので全額負担となる。

民間介護保険

生命保険会社など民間の保険会社が販売している介護保険のことをいう。公的介護保険は40歳から自動で加入することに対し、民間介護保険は20代から任意で加入できる。

民生委員

厚生労働大臣から委託された、非常勤の地方公務員のことを「民生委員」という。市区町村に区域ごとで配置されており、地域の福祉や介護等に関する相談などを受けるのが主な仕事。ボランティアとして奉仕し、日常生活に不安を抱える地域住民にとって身近な相談役となってくれる。

夢遊病

夜間の睡眠中、自覚無く部屋の中を徘徊したり、言葉を発したりするなどの動作を起こす現象で、目覚めた時には全く覚えていない。

メディカルソーシャルワーカー

主に医療機関等で療養中である患者やその家族から、心理的・経済的・社会的な問題などの相談を受け、それに対して社会福祉の立場から解決・調整の援助を行う。介護老人保健施設や医療機関、精神保健福祉センターなどで活躍している。

メニエール病

生活習慣の乱れや過度の疲労、ストレスなどが原因として挙げられ、目眩や難聴などの症状が起きる耳の病気。内耳のリンパ液が増える事により、水ぶくれの状態となりめまいや耳鳴り、場合によっては吐き気なども引き起こす。

モジュラー車いす

幅や座の高さ、背もたれなどの調整が可能な、利用者の体型に合わせて自由な組み立てが出来る車いすのこと。

モニタリング

監視することを意味する。介護の分野においては、介護を必要とする利用者にとって、ケアマネジメントの内容が利用者のニーズに適切で満足いくものであるか、健康状態や環境の変化によってニーズが変わっていないかなどの現状を確認、把握をすることをいう。