お役立ちコンテンツ

変形性膝関節症について

  • B!
変形性膝関節症についてのアイキャッチ

高齢者人口の増加とともに変形性膝関節症に代表される膝の変形性疾患が増加しています。

膝の痛みや動きにくさが主な症状であり、進行すると歩く、階段を上るような日常生活の動作がしにくくなります。

いつまでも自分の体で生活が送れるように変形性膝関節症という病気をしっかり理解し、備えることが大切です。

 

どんな病気なの?

膝関節にはクッションの役割をする軟骨が存在しますが、加齢や筋力の低下に伴い膝で体重を支えることが難しくなり膝の骨と骨とのすき間が狭くなります。

その結果、軟骨が接触してすり減りクッション効果が失われます。

変形性膝関節症は軟骨が剥がれて骨と骨がぶつかることで骨の変形が進み、ぶつかった周囲に炎症を起こして痛みが生じる病気です。

炎症が起こると関節を覆っている関節包の内側にある滑膜というヒダから炎症を鎮めようと滑液という液体を分泌します。

炎症が酷くなると滑液の分泌が促進され膝が腫れてきます。

これが「膝に水が溜まる」という状態であり、よくある症状の一つです。

 

原因と症状は?

原因には、加齢に伴う関節軟骨の劣化や大腿四頭筋の筋力低下が挙げられます。

また、肥満や遺伝も関係するようです。

初期症状として膝周囲の「こわばり」を感じる人が多く、特に正座やあぐらのように長時間同じ姿勢を取った後や動き始めに痛みや膝の動きにくさを訴えます。

また、座った状態から立ち上がる際にも痛みを生じます。

座った状態から立ち上がる時の痛みは歩き出すことによっていったん軽減されますが、長時間の歩行で再び痛みが出てきます。

初期症状では関節の動きにあまり変化はありませんが、さらに進行すると膝を伸ばすことや曲げることが徐々に難しくなります。

 

治療方法は?

治療方法は大きく分けて保存的治療方法と手術療法の2つに分類されます。

保存的治療方法はさらに薬物療法、運動療法、物理療法に3つに分かれます。

薬物療法は鎮痛効果のある薬を用います。

初期の段階では内服薬、外用薬を用いますが、痛みが強くなるにしたがって膝の動きを良くするヒアルロン酸や強い鎮痛効果のあるステロイド剤を関節内に注射する方法があります。

運動療法では加齢によって低下した膝周囲の筋肉を鍛えます。

できるだけ自分で動かすことで動かせる範囲を保ったり、筋肉をつけることで膝への負担が軽減します。

痛みに対しては物理療法を用います。

温熱や冷感、電気刺激を用いて血流の循環を促し痛みの軽減を図ります。

骨の変形が進み痛みも強くなってくると手術療法が選択されます。

手術療法は膝内部にある滑液に混じった軟骨片を取り除く関節鏡下手術や、関節の負荷がかかっている部分の除圧を目的に行う高位脛骨骨切り術や人工関節全置換術を行います。

 

いつまでも元気に歩けるように予防しましょう!

変形性膝関節症の予防には日常的に膝への負担を減らすことを心がけることが大切です。

日常生活では膝の負担になる正座を控え、速歩ではなく一歩一歩緩やかに歩くことや、杖を使って歩くことで膝への負担を軽減させることができます。

また、積極的に膝関節周囲の筋力トレーニングをすることで膝周囲に「筋肉のサポーター」を作ることができるため、負担を軽減し膝関節が安定します。

 

病気を理解し日々の生活に気をつけましょう。

変形性膝関節症は加齢に伴う関節軟骨の劣化や筋力低下が原因と言われています。

また、肥満も関係すると言われています。

日々の生活の中で膝への負担を減らす運動や生活を心掛けるとともに、筋力を衰えさせないような筋力トレーニングを日々行うことで予防できます。

日々の生活の中で膝の負担を減らす生活を心がけましょう。

関連記事