1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護の原因となる病気,高齢者介護の大切なこと
  4. ヒートショックは入浴以外でも気を付けて!

お役立ちコンテンツ

ヒートショックは入浴以外でも気を付けて!

ヒートショックは入浴以外でも気を付けて!のアイキャッチ

ヒートショックは冬場に発症しやすく、命にもかかわる重大な症状です。

室内で、気を付けなければいけない場所も多いです。

そこで今回は、ヒートショックの概要や気を付けるべき場所、対処法について解説します。

ヒートショックを予防しましょう。

 

ヒートショックとは

ヒートショックというのは、気温が急に変化することで血圧が変動し、体に大きな負担がかかるショック症状です。

特に心臓や血管に負担がかかり、動悸やめまい、失神などが起こります。

また、脳梗塞や心筋梗塞などにつながるケースもあり、最悪の場合は死に至る深刻な症状です。

寒暖差が激しくなる11月から3月頃に発症することが多く、注意しなければいけません。

また、誰でも起こり得る症状ですが、特に65歳以上の高齢者が発症しやすいといわれています。

高血圧や糖尿病などの基礎疾患がある場合も、注意が必要です。

 

気を付ける場所

浴室

特に気をつけなければいけないのが、浴室です。

冬場は暖房が効いており、リビングは暖かいですが、脱衣所や浴室は寒いことが多いですよね。

温かいリビングから寒い脱衣所や浴室に向かうと、体温を維持しようとして血圧は上昇します。

しかし、湯船に入って身体が温まると、血圧は下降するのです。

その結果、血圧の上下が激しくなり、ヒートショックを引き起こします。

浴槽内で意識を失い、そのまま溺死してしまうケースも少なくありません。

トイレ

多くの場合、トイレは廊下の先にあって寒いですよね。

そのため、暖かいリビングから寒いトイレに移動した時も、血圧が上がってヒートショックを引き起こしやすいです。

また、排尿や排便によって血圧が下がることで、発症することもあります。

廊下

暖房が付いていないことが多い廊下は、冬場になると非常に寒くなります。

したがって、リビングから廊下に出た時も、気をつけなければいけません。

廊下にある階段を歩いている時に失神すると、階段から落ちて大けがをする恐れがあります。

打ち所が悪ければ、死にもつながるでしょう。

 

温度差に気を付けて寒い冬を乗り切りましょう!

ヒートショックは、温度差が大きい場所で発症しやすいため、なるべく室内の温度差をなくすことが大切です。

脱衣所や浴室にも暖房を設置して、あらかじめ暖めておきましょう。

できればトイレや廊下も暖めて、温度差を軽減させてくださいね。

また、高齢者がリビングから移動する際には、一声掛けてもらって見守ることも大切です。

 

声を掛け合ってヒートショックを予防しよう

ヒートショックは、めまいや失神、脳梗塞などの症状が現れるショック症状です。

非常に危険な症状なので、きちんと予防することが大切です。

脱衣所や浴室、トイレなどを暖めて、なるべく室内の温度差をなくしてくださいね。

また、家族や周囲の人がしっかりと見守ることも大切です。

声を掛け合って、万が一ヒートショックを発症した時にはすぐに対応できるようにしましょう。

関連記事