お役立ちコンテンツ

高齢者の詐欺被害について

  • B!
高齢者の詐欺被害についてのアイキャッチ

高齢者が詐欺被害にあったというニュースを、テレビや新聞などで見聞きしたという人もいるでしょう。

高齢者は、一体どのような手口で騙されるのでしょう。

そして、なぜ高齢者は詐欺被害にあいやすいのでしょう。

ここでは、高齢者が狙われる詐欺の手口や、被害にあわないためのポイントなどについて詳しく解説します。

 

高齢者が狙われる詐欺手口

高齢者が騙される詐欺の手口には様々な種類があります。

ここでは、高齢者があいやすい詐欺の手口について詳しく解説します。

オレオレ詐欺

子供や孫になりすまし、電話などで現金を騙しとる詐欺で、その手口は、まず犯人が「オレ、オレ」と電話をかけてくるところから始まります。

電話に出た高齢者に、息子や孫だと思い込ませ、すかさず困っているふりをして金銭を要求してきます。

「交通事故を起こした」や「会社の金を使い込んだ」といった切羽詰まった内容で高齢者を納得させ、口座を指定し現金を振り込ませます。

ですが、オレオレ詐欺といっても、その手口は決まっているわけではなく、ときには弁護士や警察官になりすますこともあります。

還付金詐欺

市役所の職員や、年金事務所などの職員になりすまして、医療費の還付金または払戻金があると電話をかけてくる詐欺です。

その手口の特徴は、高齢者をATMへと誘導することです。

還付金の手続きをすると言いながら、ATMを操作させ犯人の口座へとお金を振り込ませるのです。

架空請求詐欺

見に覚えのない料金を、ハガキまたは請求してくる詐欺で、その手口の特徴は、差出人が公的機関を連想させるような名称だったり、「差し押さえ」など不安になるような言葉を多く使っていることです。

 

なぜ高齢者が被害にあうの?

ここでは、なぜ高齢者が詐欺被害にあいやすいのか、その理由について解説します。

孤独

高齢者のなかには、配偶者と離別や死別をしていたり、子供と離れて暮らしていたりと、寂しい生活を送っている人もいます。

そんなときに、子供や孫から電話がきたら、嬉しさから信じてしまうこともあります。

また、請求書が届いても、相談する人がいないため、恐怖から払ってしまう人もいます。

犯人は、そういった高齢者の孤独な心理につけこんでくるのです。

認知機能の低下

加齢による判断能力の低下も、高齢者が詐欺にあいやすい理由です。

記憶や判断を司る神経細胞が老化していくと、次第に判断能力が鈍り、正常な判断ができなくなるのです。

そのため、子供や孫の声の判別ができなかったり、請求書の内容が理解できず、詐欺にあってしまうのです。

 

被害にあわないためのポイント

留守番電話にしておく

高齢者を狙った詐欺のなかには、電話を利用したものが多くあるため、日頃から留守番電話にしておくというのも、詐欺にあわないために効果的な方法です。

高齢者施設に入る

高齢者が詐欺にあわないための方法には、高齢者施設に入居するという方法もあります。

不審な電話などがあったときには、施設の職員に相談もできますし、入居している高齢者同士で話し合うことも可能なので、詐欺にあう心配が少なくなります。

 

高齢者が詐欺にあわないために

高齢者は、孤独感や認知機能の低下により、詐欺被害にあいやすい傾向があります。

子供や孫のふりをして現金を要求するオレオレ詐欺や、身に覚えのない請求書による詐欺にあう可能性が高いです。

詐欺被害にあわないためには、日頃から留守番電話にしておくことも効果的ですし、高齢者施設などに入居するという方法もあります。

関連記事