お役立ちコンテンツ

加齢性難聴について

加齢性難聴についてのアイキャッチ

高齢になってくると徐々に身体機能が低下してしまうため、様々な疾患や症状がみられるようになりますよね。

その中の一つとして挙げられているのが、加齢性難聴と呼ばれるものです。

今回は加齢性難聴がどのようなものなのか解説していきます。

 

加齢性難聴になる原因

加齢性難聴を起こしてしまう原因は、有毛細胞と呼ばれる細胞が加齢によって破壊されてしまうことにあります。

有毛細胞とは内耳の中にある蝸牛と呼ばれる渦巻き状の管の中にある細かい毛のことで、鼓膜から伝わってきた音の振動をキャッチするとともに電気信号に変えるという役割を担っています。

電気信号に変えられた音は直接脳に伝わるようになっているため、この仕組みによって正常に音を聞き取ることができるようになっているのです。

そんな有毛細胞は加齢とともに徐々に壊れていってしまい、一度壊れてしまうと再生されません。

これが加齢性難聴になってしまう仕組みなのですが、有毛細胞は加齢以外の原因で破壊されることはほとんどないと言われています。

つまり加齢性難聴になる直接の原因は加齢であり、それ以外の原因は考えられないというところが特徴です。

 

気付くきっかけは?

本人や家族が加齢性難聴になっていると気づくきっかけには色々なものがあり、例えば普段話す声が大きくなったりテレビのボリュームが常に大きくなる、耳が遠くなって相手の声を聞き取れないなどがあります。

これらは自分で自覚できるケースもありますが、家族や友人など周囲に指摘される形で気づくケースが多いですよね。

特に話す声が大きいかどうかは自分ではなかなか気づけないですし、テレビのボリュームも指摘されなければ大きいかどうか判断が難しいと言われています。

そのため家族と同居している人や外に出る機会が多い人の場合は気づくきっかけが多いものの、一人暮らしをしている人だとなかなか気づけないようです。

 

早めに耳鼻科を受信しましょう!

加齢性難聴は現代の医学では根本的な治療は難しいものの、原因となる有毛細胞が再生されないことから自然治癒することはありません。

また彼によってどんどん残っている有毛細胞が破壊されていくので、放置していると完全に音が聞こえなくなってしまう恐れがあります。

そのため加齢性難聴であるかどうかの診断はもちろん、日常生活を維持していく対策を検討するためにも早めに耳鼻科を受診することが推奨されています。

 

加齢性難聴かもしれないと思ったら早めの受診を

加齢性難聴は加齢による有毛細胞の破壊が原因で起きる難聴で、両方の耳から聞こえにくくなるという特徴を持っています。

自然治癒することがなく放置しているとどんどん日常生活が難しくなるため、社会からも孤立してしまう可能性がありますよね。

病気に気づけるきっかけは少なくないので、もしかしたらと思ったら早めに受診することが大切です。

関連記事