1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護の基本,高齢者介護の大切なこと
  4. 高齢者の服装選び、どうしてますか?

お役立ちコンテンツ

高齢者の服装選び、どうしてますか?

高齢者の服装選び、どうしてますか?のアイキャッチ

介護施設を利用するときに気になるポイントとして挙げられるのが、高齢者の服装選びではないでしょうか。

選んだ衣服によって、高齢者や介助者の気分は変わるでしょう。

そこで今回は高齢者の衣服選びについて紹介していきます。

 

介助者優先!?

介護施設を利用する高齢者の衣服を選ぶときには、介助者を優先して考えてしまうケースが多い傾向にあります。

介助者のサポートが行いやすいような衣服を優先的に選んでしまうので、その衣服が高齢者の好むような衣服ではない可能性も考えられます。

特に衣服の着脱に関する介助活動が必要な場合には、オシャレな衣服よりも着脱の行いやすい衣服を選択してしまうことが多いです。

しかし、衣服は高齢者の心理状況に影響を及ぼす可能性があります。

着脱しやすい衣服よりもオシャレな衣服や好みに合った衣服を着ている方が日常的な生活に良い影響を与えてくれる可能性もあるので、介助者を優先するばかりではなく高齢者の気持ちも考えるのが大切だと言えます。

 

服装選びはご本人に・・・

衣服は高齢者の気持ちを前向きなものにしてくれる可能性も高いです。

そのため高齢者の希望に沿った衣服選びが重要だと言えます。

しかし、衣服の好みは本人しか分からないという場合も多いでしょう。

そのような状況であれば、服装選びは本人に任せるのが良いです。

特に重病を患っているわけではなく、ある程度の問題であれば自分で判断できるという人には服装選びも本人に任せるのが効果的だと言えます。

 

病状によって機能性も大切です

基本的には高齢者の意思を尊重した衣服選びが良いでしょう。

しかし、病状によっては機能性を重視した方が良いケースも考えられます。

例えば認知症を患っている人は、服装選びや衣服の着脱が困難なケースが多いです。

このような場合は介助者が衣服の着脱を手伝うケースが多いので、介助者を優先して機能性に優れた衣服を選ぶのが有効だと考えられます。

ボタンの少ない服や袖の広い服であれば、着脱が行いやすいでしょう。

 

お気に入りの衣服を着てもらいましょう!

お気に入りの衣服を着て生活できるかどうかは、介護施設を利用する高齢者にとって重要な問題です。

お気に入りの衣服を着ることができれば、リハビリ訓練にも意欲的になってくれる可能性が高いでしょう。

介助者に服の好みがあるように高齢者にも服の好みがあるので、お気に入りの衣服を着てもらえるようなサポートが大切です。

例えば新しい服を買うときには、介助者が高齢者と一緒に買い物をするのが良いと言えます。

 

衣服選びで高齢者の過ごしやすい環境を整えよう

介護施設を利用する高齢者が過ごしやすいような環境を整えるのは大切な要素です。

しかし、良い環境作りに重要なのは技術力や設備投資だけではありません。

高齢者に寄り添うような衣服選びを行うことも、高齢者の過ごしやすい環境作りには重要なポイントだと言えます。

本人にも意思があり、好みがあるので高齢者の意見を聞きながら衣服選びを行うのが効果的です。

関連記事