お役立ちコンテンツ

介護パジャマの選び方

  • B!
介護パジャマの選び方のアイキャッチ

高齢化社会が進み、施設や自宅で介護することも多くなり、様々な機能を持った介護用パジャマも増えてきました。

このパジャマはケアされる側だけではなく、する側の負担も軽減するように工夫されています。

どんなパジャマの種類があるのか、選び方も含め説明します。

 

介護用パジャマの種類

上下に分かれているパジャマ

介護用は通常のパジャマと違い、殆どが前開きになっていて、ボタンの代わりにマジックテープやファスナーを使用することで、着替えの負担を減らしています。

上は食事、下は排泄などで汚れた際には、それぞれ別に着替えができて、介護施設や自宅介護、病院などで幅広く使用されています。

 

つなぎパジャマ

上下とも繋がっていて一体化し、首元から足元まで前開きができるようになっています。

これには大きく分けて2つの種類があり、ホックが付いていないものと、特殊なホックを付けることでファスナーを下ろせないようにしたものがあります。

このパジャマは認知症の人による自傷行為や、オムツいじりなどの不潔行為を防止したり、オムツ替えや体の清拭が短時間で行うことができます。

その他にも胃瘻の管を部分的に出せるように、部分開閉が出来るつなぎパジャマもあります。

 

ねまき

左右の前合わせを紐で結ぶだけなので着替えがとても簡単で、手術や検査等また骨折した場合によく使用されています。

ゆったりと作られているので前がはだけないように、マジックテープやボタンなどを取り付けたねまきもあります。

 

介護用パジャマの選び方

使用者の介護の度合で選ぶ

介護用パジャマは使用者や介護に応じて工夫がされているので、それに合わせたパジャマを選ぶ必要があります。

介護の度合に合わせて、自分である程度動けるようなら上下のパジャマタイプ、認知症がある場合はつなぎパジャマタイプを選び、寝たきりで動くことが困難であれば、ねまきタイプにするなど、ケアを行う際に便利なものを選ぶと良いでしょう。

 

肌に良いものを選ぶ

着替えがとても簡単なパジャマですが、使用する人にとって快適であることも重要です。

寝たきりの場合、床ずれなどを引き起こしたり、通気性が悪いものだと汗疹など起こしやすくなるので、布地は肌に良いものを選びましょう。

肌に優しい綿は吸湿性・吸水性にも優れています。

何度も洗濯をして使用したいのであれば、綿とレーヨンを混紡した素材を選ぶと柔らかさが長続きします。

綿とポリエステルの混素材は速乾性があり手触りもよいので、暑い季節にはとても良いですが、冬場は静電気を帯びやすい素材なので注意が必要です。

 

使用者の好みを参考に選びましょう!

介護用のパジャマといえば、白や薄い青色などの清潔感ある色合いが多かったですが、最近では明るくて華やかなデザインも増えてきています。

長期間の入院や寝たきり状態の場合、殆どパジャマ姿で過ごすことになるので、少しでもおしゃれを楽しんだり、明るい色合いのパジャマを着ることで、気持ちも明るくなります。

使用者の好みを聞き出して、パジャマを選んでみてはいかがでしょうか。

 

介護用パジャマの機能を上手く使って快適な介護生活を送りましょう

介護用パジャマはケアする側・される側の両方の負担の軽減にとても役に立つアイテムです。

着替えが簡単で、そして介護の度合に合わせてパジャマの種類を上手く使い分けることで、介護を快適にします。

また、肌に良い布地やおしゃれなデザインも増えてきているので、着る人の好みやこだわりを大切にして快適に過ごせるようにパジャマを選んでくださいね。

関連記事