お役立ちコンテンツ

介護パンツの選び方

介護パンツの選び方のアイキャッチ

介護をしている高齢者が肌身放さず身につけるものが介護パンツです。また、介護パンツや種類が幾つかあり、商品によって特徴や快適さが違ってきますので選び方のポイントを押さえていきましょう。

肌身放さず身につけて毎日のように使うものだからこそ気を使う必要があります。

介護パンツとは?

介護パンツとは高齢者に多い尿失禁の悩みを解決してくれるパンツです。リハビリパンツや紙オムツと色々と呼び名があります。

また、介護パンツは内部に尿を吸収してくれる素材が使われているのがメリットです。

万が一尿失禁や尿もれをしても、その素材が吸収してくれるので介護者も被介護者も安心でき自尊心を保つことが出来ます。ちなみに、尿を吸収してくれる素材が入っているため、多くの介護パンツは洗濯が出来ず使い捨てになっているのがデメリットです。

種類

介護パンツはまず布タイプと紙タイプの2種類に分かれます。

布タイプは見た目も肌触りも普通のパンツのような感じなので、履いたときの違和感が少ないのが特徴です。下着感覚で使いたいなら布タイプの介護パンツがマッチしてきます。

一方、紙タイプの介護パンツは布タイプのような肌触りのものは少ないですが、その代わりに尿の吸収量が多いという特徴があります。尿失禁量が多く布タイプの介護パンツでは吸収量が足りない方は紙タイプの介護パンツを使う人が多いです。

また、介護パンツはパンツ式とテープ式があります。パンツ式は自身でパンツの上げ下げが簡単に出来る方によい商品で、テープ式は要介護度等が高く上げ下げが難しい方によい商品です。被介護者のADL(日常生活動作)の具合に合わせて、使うパンツを選ぶことが大切です。

選び方

選ぶときのポイントとして最初にチェックするべきポイントは、男性用か女性用かということと、被介護者の身体のサイズに合っているかです。

介護パンツにも洋服と同じく男女別にタイプが分かれ、MサイズやLサイズとサイズが違ってきます。商品を購入する前に被介護者の性別やサイズに合っているか確認しましょう。

サイズが合っていないと隙間が生じ、そこから尿が漏れてしまうので要注意です。また、最近は男女共用タイプの介護パンツも販売されています。 次にチェックしたいのが履き心地です。

介護パンツは直ぐに脱いだりするものではなく、一度履いたら数時間は身につけます。ですから履き心地の良し悪しは大切です。そして、次にチェックしたいポイントが吸収量です。吸収量が少なすぎるとそれもまた履いた時に尿が漏れる原因となります。

被介護者の好みを尊重しましょう!

介護パンツを選ぶ時には被介護者の好みを尊重することも大事です。

介護者があれこれ勝手に決めてしまうのは、高齢者の自尊心を傷付けることになり、本人にとって履き心地が悪い場合もあります。

介護者からすると尿もれをしてもらいたくないばかりに、ついつい吸収量が多い介護パンツを勧めてしまいがちですが、吸収量が多い介護パンツは、その分重量が重くなっていたり、陰部に当たる所がブカブカになって「オムツを履かされている」という気持ちが強くなりやすいです。

使いやすい介護パンツを求めて

介護パンツの種類は非常に多く、売り出しているメーカーも複数あります。

メーカーが違うと履き心地がかなり変わってくるので、選ぶときには他社製品を比較することも大切です。

メーカーによっては試供品を提供してくれる所もあるので、試供品があればそれを使って実際に使ってみると商品選びが捗ります。使いやすい介護パンツを使って、快適な日常を過ごしましょう。

関連記事