お役立ちコンテンツ

免許証返納について

免許証返納についてのアイキャッチ

高齢者の中には自動車の運転が困難になり事故を引き起こしたくないという考えから、自動車免許証の自主返納を検討する人が増えています。

この記事では、免許証の返納方法や返納後に受けられる特典などについてまとめました。これから免許返納を考えている人はぜひ参考にして下さい。

返納の手順は?

運転免許証の返納を希望する場合は、警察署・運転免許センターで手続きを行うことができます。

ただし返納の手続きは免許証の有効期限内であること、手続きは本人が直接行わなければいけません。

たとえ家族でも代理人が免許返納手続きを行うことはできませんので注意して下さい。免許証返納後に本人確認書類を希望する場合は、運転経歴証明書を発行して代わりに使用できます。

運転経歴証明書は返納した日から5年以内は発行可能です。また道路交通法が改正された平成24年4月1日以前に免許証を返納した人でも、返納から5年以内であれば発行することができます。

返納後にうれしいサービスも!

免許証を返納すると様々なサービスを受けることができます。

例えば運転経歴証明書を提示すると、サポート企業の商品を購入した際に割引サービスを受けることができたり、ホテルや民宿を利用した時に宿泊料が割引されたりすることがあります。

また、バスや電車などの各交通機関が割引になるサービスを実施している自治体もあります。免許返納後に受けられるサービスは各地方自治体によって異なりますので、都道府県警察のホームページなどで確認するといいでしょう。

家族で話し合うことが大切

免許返納を行う時は、自分だけで判断するのではなく家族で話し合うことが大切です。

都市に在住している人は自動車に乗らなくてもバスや電車などの交通機関を利用することができますが、地域によっては自動車が必需品の場合もあるでしょう。

免許を返納すると生活に支障をきたす場合は、返納後のライフスタイルもしっかり考える必要があります。

地域によっては高齢者を対象にした無料バスを提供している場合もあります。家族と話し合うことでそのようなサービスを積極的に利用することや、家族が代わりに自動車を運転するなどの解決策が見つかるかもしれません。もし自分の運転に対して不明な点がある場合は、運転適性相談窓口などを利用し、それから免許返納を検討することもおすすめです。

免許返納は家族と話し合い納得して行うことが大切

免許返納を行った後も本人確認書類が発行され、様々なサービスがありますので決して損をすることはありません。

しかし、人によっては免許返納し自動車が運転できなくなると生活が一変する人もいるでしょう。

免許返納は高齢による交通事故発生を防ぐために大切ですが、返納後のライフスタイルまでしっかり考え、家族と話し合う必要があります。じっくり検討してから返納しましょう。

関連記事