1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護の基本,高齢者介護の大切なこと,介護サービス関連
  4. 75歳以上で加入の後期高齢者医療制度について

お役立ちコンテンツ

75歳以上で加入の後期高齢者医療制度について

75歳以上で加入の後期高齢者医療制度についてのアイキャッチ

75歳以上になると加入することが出来る、後期高齢者医療制度ですが、その内容までは知らないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、後期高齢者制度と国民健康保険の違いや、加入方法などについて、詳しく解説します。

国民健康保険との違いは?

後期高齢者制度というのは、平成20年4月から開始された制度で、75歳以上の人が加入することが出来る医療制度です。

加入する時には、それまで加入していた医療保険から加入する必要があります。国民健康保険というのは、74歳以下で会社の保険に加入していない人、生活保護をもらっていないすべての国民が加入する義務があります。

そして、75歳以上になったら後期高齢者制度に変わるのですが、国民健康保険の場合は、住んでいる市区町村で保険料が決められるため住む場所によって保険料が異なります。

対して、後期高齢者医療制度は、後期高齢者医療保険広域連合ごとに保険料が計算されるので、同一の都道府県の中ならば保険料は同じなのです。 更に、国民健康保険の場合は、世帯主が代表として保険料を支払います。しかし、後期高齢者の場合は一人ずつ払うのです。

つまり、夫婦で互いに75歳以上を越えている場合は、それぞれが保険料を支払います。そして、健康保険では窓口または納付書による支払いですが、後期高齢者の場合は納付書での支払いか、年金からの天引きになります。

また、保険料も国民健康保険の場合70~74歳までは2割負担となりますが、後期高齢者医療制度では1割負担になります。

加入方法

国民健康保険に加入している場合は、特別な手続きをする必要はありません。75歳になった時点で、国民健康保険から自動的に移行します。

しかし、社会保険に加入している場合や、社会保険に加入している家族に扶養されている場合は、加入している社会保険から脱退する必要があります。

脱退方法は、加入している社会保険によって違いますので、詳しい方法を事前に問い合わせておくことが大切です。後期高齢者医療制度に変わっても、窓口で1割負担になる以外は特別な変化はありません。

給付金がもらえる場合も!

後期高齢者医療制度に加入すると、窓口で1割負担となる他にも、給付金がもらえる場合があります。高齢になるほど病や怪我のリスクが高まる一方で、経済的な負担も増えることが考えられます。給付金は、そういった経済的に困窮する可能性が高い高齢者に対しての減免措置なのです。

受けることが出来る給付金には、医療機関等にかかった時の療養の給付は、窓口で保険証を提示することで、一般ならば1割の負担で済みます。

また、療養費や高額療養費の場合は、申請をすることで給付金を受け取ることが出来ます。その他にも葬祭費などの給付金もあるため、事前に調べておくようにしましょう。

後期高齢者医療制度は、国民健康保険と同じ医療保険であり給付金をもらうことも出来ます。

事前の確認が大切

75歳以上になると加入することが必要になる後期高齢者医療制度ですが、加入方法や給付金などについてわからないことがあった時には、事前に住んでいる市区町村の後期高齢者医療の窓口や後期高齢者医療広域連合に問い合わせをして確認しておくことが大切です。

事前に確認をしておくことで、医療に関する手続きをスムーズに行うことが出来ます。

関連記事