お役立ちコンテンツ

健康寿命を延ばそう!

健康寿命を延ばそう!のアイキャッチ

年を取っても健康に生活し続けるということは、人生における大きな目標のひとつではないでしょうか。そのためにどんな課題があるのか、そして課題を解決するために出来ることは何か。

ここでは「健康寿命」をテーマに、その点について考えていきます。

健康寿命とは?平均寿命との違い

健康寿命とは、2000年にWHO(世界保健機関)が提唱した「健康に生活できる期間を延ばす」という指標のことを言います。その定義は「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」とされており、いわゆる平均寿命とは異なる意味合いがあります。平均寿命とは、出生した0歳の時を起点として、何歳まで生きられるかについて統計を元に予測した平均余命を指します。つまり、健康寿命との違いは「病気をしているなど健康ではない状態で、日常生活に支障がある期間が含まれている」という点です。 2018年に厚生労働省が発表したデータによると、男性の平均寿命が80.21歳で、健康寿命が71.19歳となっています。また女性は平均寿命が86.61歳で、健康寿命が74.21歳となっています。ここから、健康ではない期間の平均が男性で約9年、女性は約12年であることが分かります。日本人の平均寿命は年々長くなっていると言われますが、人生の終盤まで充実した生活が出来る本当の長寿社会とはまだ言えない部分もありそうですね。

健康寿命を延ばすためにできること

単に寿命を延ばすだけではなく、健康で自立して生活できる期間をいかにして延ばすのか。その課題に向けた方策のひとつとして、厚生労働省では2011年から「スマート・ライフ・プロジェクト」を開始しています。健康寿命を延ばすために、運動、食生活、禁煙という3つの分野を中心に取り組もうという動きです。 まず運動については「毎日プラス10分の運動」。例えばウォーキング、日常生活の中で身体を動かす時間を少しずつでも延ばすなど、無理のない範囲で運動量を増やそうという考え方です。次に食生活では「毎日プラス一皿の野菜」。新鮮な野菜を毎日適量とることで栄養のバランスを整え、身体の内側から健康になろうというものです。そして禁煙のテーマは「たばこの煙をなくす」。たばこは自分だけでなく煙を吸わされる周りの人の健康をも損なう原因になりますね。さらに肌年齢など見た目の若さを失うことにもなりかねません。 もうひとつ注目されているのが社会参加です。仕事やボランティア、学習や自己啓発など、他者と関わることで生活を充実させ、精神的にも若さや健康を保つことが大切ではないでしょうか。

楽しく人生を全うするために

これから先、平均寿命が延びれば延びるほど、健康寿命との差が大きくなる可能性も出てきます。それは、健康な生活が営めないという問題だけでなく、医療費や介護費が増えることによって経済的な負担も重くなるという結果にもつながります。健康の大切さを知り、健康への意識をさらに強めることで、楽しく人生を全うしたいものですね。

 

関連記事