お役立ちコンテンツ

介護保険制度について知ろう!

介護保険制度について知ろう!のアイキャッチ

介護を受けたい、あるいは介護が必要な家族がいるにもかかわらず、その費用のことで心配している人もいることでしょう。

今回は介護保険制度について考えていきましょう。どんな制度なのでしょうか?どんな手続きが必要なのでしょうか?解説していきます。

どんな保険?

介護保険制度とは介護が必要な人が少ない金額でサポートを受けられるように社会全体で費用を負担する制度です。
もう少し具体的に言うと在宅系サービスや施設系サービス、地域密着型サービスを受けられます。在宅サービスとは家に住みながら介護のサービスを受けることで、もっともポピュラーなサービスです。施設系はもはや自宅で暮らすことが難しくなった要介護者が医療施設に入所してサービスを受けます。地域密着型サービスは要介護者が自分の住んでいる地域に住み続けられるような形で支援やサポートを提供されます。

保険料は?何歳から?

40歳になったら介護保険に加入することが義務付けられています。
介護保険の被保険者は65歳以上の第1号被保険者と40歳~64歳までの第2号被保険者に分けられていて、保険料はそれぞれ異なります。第1号被保険者の額は市区町村が決め、年金から天引きされる形で支払われます。第2号被保険者は加入している医療保険の算定方法に基づき額が決まりますが、健康保険料と一緒に支払われます。 こうして徴収された財源をもとに在宅系サービスや施設系サービス、地域密着型サービスが提供されています。

覚えておかねばならないのは、介護サービスを利用することになっても保険料は払い続けなくてはならないことです。免除されることはありません。

申請から利用開始まで

利用の際には住んでいる市区町村の福祉課に相談するか、もしくは地域包括支援センター問い合わせることができます。申請が受理された後は、市区町村の職員が自宅を訪問して本人とヒアリングをします。この結果と医師による主治医意見書をもとに要介護度が決定されます。その後、ケアマネージャーとともに在宅系サービスか、施設系サービスか、地域密着型サービスかを決めます。
どのサービスにするかを決定する際にはよく話し合いを行い、お互いに納得できるサービスを選ぶことが大切です。

受けられるサービスとは?

冒頭でも少し触れましたが、受けられるサービスについて具体的に解説します。
在宅系サービスは訪問介護と通所介護です。訪問介護はホームヘルパーが自宅を訪問して掃除、洗濯、料理、買い物、通院の付き添いのサービスを提供します。 通所介護は日中に要介護者を一時的に預かってくれるサービスで、食事やレクリエーションが提供されます。
施設系サービスには特養と老健があります。特養は著しく身体の機能が損なわれている、認知症が進んでいる要介護者が入所します。老健は身体機能の回復を目的としていて、理学療法士や作業療法士の指導のもとリハビリがなされます。 地域密着型サービスは介護度が重くなっても介護事業者やボランティアの協力のもと要介護者が地元で末永く暮らせるようにサポートするシステムです。

必要に応じたサービスを選ぶ

日本では高齢化社会が進んでおり、今後も介護を提供できる若者は減少していきます。そのような社会の中で介護保険制度は必要になってきます。介護保険制度は便利な制度ですが、利用するためにはルールや様々な手続きをしなくてはなりません。
提供されているサービスもそれぞれ特徴がありますから、要介護者が心地よく生活できるように、適切なサービスを選択しなくてはなりません。そのためにも情報収集をすることが大切です。

関連記事