お役立ちコンテンツ

訪問歯科診療を活用しよう

訪問歯科診療を活用しようのアイキャッチ

日本では超高齢化社会を迎えるとされ、年々歯科訪問診療が必要になると言われています。要介護認定を受けて歯科クリニックなどに通うことが困難になった患者さんに向けて、様々な訪問サービスが発達する中で歯科訪問診療も注目を集めているのです。

そこで歯科訪問診療について詳しく解説します。

訪問歯科診療とは?

歯科訪問診療とは要介護認定を受けた高齢者などが、自宅や介護施設で歯科治療を受けられるサービスです。要介護認定を受けている高齢者の多くは歯科クリニックに通うことが困難とされていて、歯の健康状態が悪化しやすいと考えられています。
歯科治療をはじめとする口腔ケアは食べることだけでなく、身体全体の健康状態にも影響すると言われ、身体が動かなくなってきた寝たきりの高齢者でも気軽にサービスを受けられるようにする制度です。

受けられる治療

受けられる治療は外来の歯科クリニックと同じものが多く、通院困難の高齢者でも十分な治療が受けられるのが特徴です。虫歯の治療はもちろんのこと歯周病の予防や治療、入れ歯や差し歯のケア、口腔機能のリハビリテーションも行われます。一人ひとりの体力や病状に合わせて、無理のない治療が受けられるのも魅力です。
寝たきりの高齢者や車椅子が必要な高齢者の場合は、治療中の姿勢に気を付ける必要があるので、かかりつけの医師や看護師と連携をして治療にあたります。

利用方法

利用するためには自分自身や家族が歯科クリニックに申し込みをしたり、要介護認定を受けている場合や施設に入居している場合は担当のケアマネージャーに相談します。診療を受けたいと思う歯科訪問クリニックなどに問い合わせて、訪問治療を受けたいということを伝えます。訪問する日時を決めて、治療の開始となる流れです。医師や歯科衛生士が高齢者の口腔内の状態に合わせて計画書を作成し、それに合わせて治療を進めていきます。高齢者にも分かるように丁寧に説明しながら治療が受けられるのが良いところです。一通り治療が終了したら、定期的にメンテナンスをします。

歯は健康の源です!

歯の健康が損なわれると重篤な病気を引き起こす可能性が高まるという研究結果もあり、口腔内の健康は全身の健康に繋がるとされています。特に歯周病は糖尿病や心筋梗塞、誤嚥性肺炎など高齢者にとっても身近な病気の原因になると言われているのです。

歯の健康を守ることが全身の健康を守ることになります。

保険も適用されるので安心

歯科訪問治療は外来で行われる治療のように医療保険や介護保険の対象です。
虫歯の治療や歯周病の治療は医療保険の対象に、口腔内のケアやリハビリテーション、入れ歯のお手入れなどは介護保険の範囲となります。
各種保険が適用されるので医療費の負担も軽減されますし、問い合わせのときに大体の料金を聞くことも可能なので安心です。

関連記事