お役立ちコンテンツ

冬に多くなる入浴中の事故

  • B!
冬に多くなる入浴中の事故のアイキャッチ

高齢者になると、日常生活の中でも様々な危険が潜んでいます。特に注意が必要なのが入浴になりますが、どのような事故の危険性があるのでしょうか?

今回は入浴中の事故の具体例とその対策方法について調べてみました。

高齢者に多い浴室での事故

入浴中の事故によって命を落とす高齢者は少なくありません。
具体的には溺水や転倒、熱中症などが挙げられます。特に冬場の入浴では、しばらく出てこない事を心配した家族が様子を見ると、溺れて既に亡くなっているというケースが多いです。溺死といっても、健康な状態であれば普通は大人が浴室で溺れる事はありません。

つまり溺れる前に脳梗塞や心筋梗塞、ヒートショックなどを発症し、意識障害を起こしている事が考えられます。

ヒートショックとは?

ヒートショックとは家の中の急激な温度差によって起こります。冬場は普段過ごすリビングやダイニングは暖房によって暖められています。しかしトイレや浴室など暖房がなく、温度が急激に下がる場所へ行くと、寒さで末梢動脈が収縮し急激に血圧が上昇してしまうのです。脱衣所でブルブル震えながら服を脱ぎ、浴槽に入る前に体を洗うとなると寒さが続くので、さらに血圧も上昇します。この血圧が高い状態で湯舟の熱いお湯に浸かると血管が拡張するので、今度は一気に血圧が下がります。

血圧が急に下がった事でめまいやふらつきが起き、意識障害を起こして溺水や転倒という事故が起こってしまうのです。

対策

ヒートショックの対策方法は、とにかく部屋の温度差を小さくする事です。
例えば寒々とした脱衣所には暖房を設置し、入浴前から暖めておくようにします。浴室内も湯舟に蓋をせず、開けた状態にしておくと温度が上がりやすく、またシャワー給湯で浴槽にお湯を入れると蒸気によって浴室全体の温度が上昇します。浴槽内のお湯はぬるめにする事、長湯をして心臓に負担をかけない事、湯舟から出る時はゆっくり立ち上がる事もヒートショックを防ぐ方法となります。

もし溺れているのを発見したら!

もし浴槽内で溺れているのを発見した際は、まずお湯の栓を抜いて119番通報をします。浴槽内から引き上げ、呼吸していない状態であれば、胸骨圧迫と人工呼吸の心肺蘇生を行います。心肺蘇生法のやり方が分からない場合は、電話を繋いだ状態で指令員がアドバイスをする事もあるため、一刻も早く119番通報をして助けを求める事が大切です。

日頃からヒートショック対策を意識しておこう

特に体の不調もなく健康な状態で生活をしていると、つい自分は大丈夫だと油断してしまうものです。しかしヒートショックは誰にでも起こる可能性があります。今まで大丈夫だったからと過信せず、なるべく部屋ごとの温度差が生じないよう気を配る事が大切です。特に家族と同居している場合は、気をつければ防げる事故でもあります。
高齢者の一番風呂は避ける、入浴時はこまめに声かけをするといった事でも事故防止に繋がります。

関連記事