1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般,介護サービス関連
  4. ケアハウス(軽費老人ホーム)について

お役立ちコンテンツ

ケアハウス(軽費老人ホーム)について

ケアハウス(軽費老人ホーム)についてのアイキャッチ

ケアハウスの種類は「軽費老人ホームA型・B型」「ケアハウスの一般型・介護型」に分かれます。軽費老人ホームA型・B型は独居できない高齢者が入居し、A型は食事の提供を受けることが可能です。B型は自炊が条件になっていて、自分で食事の準備をします。ケアハウスの一般型と介護型は軽費老人ホームC型とも呼ばれ、食事提供や買い物に同行するなどの支援が受けられるものです。一般型は要介護2までの人が入居でき、訪問介護や夜間の見守りサービスなどを通して、自立した生活を目指します。介護型はスタッフが常にいる状態で、付き添いや生存確認・生活介助などをしていることが特徴です。

費用

ケアハウスの費用は施設によって異なりますが、入居の際に保証金を支払い、その後は月々の利用料を支払います。保証金はケアハウス一般型が約30万円、介護型は約30万円~100万円です。月額料金は家賃や光熱費・施設管理費・食費が含まれ、約6万円~20万円になります。介護型は介護サービス費がかかるため、軽費老人ホームA型・B型やケアハウス一般型よりも高めです。

メリット・デメリット

ケアハウスのメリットはなるべく自立した生活を目指せることです。個室があるので、プライバシーも守れます。また、ケアハウスの多くはレクリエーションができる環境を整えていて、入居者同士で囲碁や将棋・カラオケなどをすることが可能です。これらのレクリエーションは認知症予防にも効果があり、さまざまな人と会話をしながら生活できるのもメリットでしょう。夜間見守りサービスなどもあり、独居せずに暮らせます。さらに、月額料金も安く、資産や所得が少ない高齢者は優先されるのもメリットです。 ケアハウスのデメリットは、集団生活が必要になることです。他人と同じ空間で過ごすのが苦手な人には、苦痛になるかもしれません。介護が必要ではない人も入居できるため、状況によっては居心地の悪さを感じる場合もあります。また、ケアハウス一般型の場合、介護度が上がってしまうと退去が必要です。ずっと住み続けられるわけではないので、将来的な不安を伴うこともあるでしょう。人気のあるケアハウスの場合、希望してもすぐに入居できないのもデメリットです。

有料老人ホームとの違いは?

ケアハウスと似たもので有料老人ホームがありますが、この2つは「運営事業者」「サービス内容」が異なります。ケアハウスは社会福祉法人や地方自治体が運営し、有料老人ホームは社会福祉法人や医療法人・民間事業者などです。また、住宅型と健康型有料老人ホームでは人員の基準が設定されていません。介護付き有料老人ホームと介護型ケアハウスは、介護者3人に対して1人の介護職員か看護職員を置くことが決められています。

自分に合ったケアハウスを見つけよう!

ケアハウスには複数の種類があり、施設ごとに受けられるサービスも異なります。よって、自分の状況をしっかりと把握した上で、適したケアハウスを見つけられるといいでしょう。また、ケアハウスのメリットとデメリットを理解し、サービス内容や費用などを比較することが大切です。これを参考に、ケアハウスについて理解してください。

 

関連記事