お役立ちコンテンツ

高齢者の一人暮らし

  • B!
高齢者の一人暮らしのアイキャッチ

高齢化社会が進む日本では、高齢者の一人暮らし世帯が増加しています。

懸念されるのは、認知症を患っている高齢者の生活や孤独死の発生です。家族のみならず、国や自治体、民生委員などが連携して取り組むことが求められます。詳細について見てみましょう。

年々増加傾向にある現状

日本の大きな課題ともいえるのが高齢化社会の現状ではないでしょうか。厚生労働省や各自治体も重要課題の一つに位置づけており、さまざまな対策を講じてきました。高齢者が一人暮らしをする世帯も増えており、自治体によっては全世帯に占める割合が30%を超えるところもあります。
背景にあるのが、核家族化や少子化などの急増であり、この傾向はまだまだ続くことが予想されているのです。

認知症

高齢者がかかりやすい病気として認知症を挙げることができます。
高齢者の一人暮らしの中には認知症を患っているケースも少なくなく、家族や親戚縁者の協力が得られない場合には、地元の民生委員や地域包括支援センターの職員などが面倒をみるのが実態です。

孤独死

一人暮らしの高齢者にまつわる最大の懸案事項といえば、孤独死といえるでしょう。誰にも気づかれることがないまま、死を迎えるという孤独死についても、高齢者の一人暮らし世帯の増加とともに、増加の一途をたどっています。
孤独死を回避するためには、地域社会との緊密な連携はもとより、新聞配達員や郵便局員、電気メーター検針員など民間サービスの協力も必要不可欠といえるのではないでしょうか。

職場を退職し、社会との接点を失ってしまった高齢者を、いかにして孤立させないようにするかが孤独死を防ぐためのポイントです。

家族・国それぞれの対策

さまざまな事情により、一人暮らしの高齢者が増えることは仕方ないことかもしれません。とはいえ、家族や国は、そんな高齢者に寄り添う必要があるのではないでしょうか。遠方に暮らす家族であれば、警備会社の提供する「見守りサービス」を利用するのも有用です。
また、できる限り足を運んであげることも重要といえるでしょう。そうすることで、病気の予兆などちょっとした変化に気がつくことも可能です。一方、国は自治体と連携して介護保険制度サービスの拡充に努める必要があります。

周囲のサポートが大事

高齢化社会の進行に伴い、一人暮らしをする高齢者の数が増えてきました。
中には、認知症や重篤な病気を患っているケースも少なくなく、家族をはじめとした周囲のサポートが欠かせません。また、誰にも気づかれないまま最期を迎える孤独死の問題もあります。

一人暮らしの高齢者が安心して暮らせるためにも、家族や国、自治体が協力し合うことが求められます。

関連記事