1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護サービス関連
  4. 高齢者支援サービスを活用して介護疲れを軽減しよう!

お役立ちコンテンツ

高齢者支援サービスを活用して介護疲れを軽減しよう!

  • B!
高齢者支援サービスを活用して介護疲れを軽減しよう!のアイキャッチ

高齢化に拍車がかかっている日本国内では、高齢者向けの商品・サービスが続々と誕生しています。

そこで今回は、在宅で生活する高齢者、その家族にとって有用な高齢者支援サービスを紹介します。
各種サービスの活用によって、高齢者のQOLが向上するだけでなく、介護の負担を減らせるのではないでしょうか。

介護保険サービス

介護保険サービスは、在宅サービス・地域密着型サービス・施設サービスの3種類に大別されています。
この3種類のうち、在宅サービスは住み慣れた家での生活を望む高齢者、その家族に重宝されているようです。このサービスには、一定期間のみ施設に入居するショートステイ、利用者が日中のみ施設でリハビリに取り組むデイサービスなど、自宅に生活拠点を置いた状態で受けられるものが含まれています。特に、訪問入浴介護は、介護に携わっている方々に人気があります。身体が不自由な高齢者の入浴は、危険が伴うため、介護のノウハウを持っていない素人ではサポートしきれません。その上、多大な労力が必要になります。しかし、訪問入浴介護を利用すれば、介護のプロであるホームヘルパーや介護福祉士が速やかに入浴を完了させます。

介護保険外サービス

介護保険サービスは、介護保険法の厳しい基準によって、提供できる内容が制限されています。要支援もしくは要介護の認定を受けていない高齢者は受けられません。
しかしながら、介護保険外サービスは、要介護認定の有無を問わず、高齢者や介護に携わっている近親者が利用できます。介護保険サービスでケアできない部分を補っていて、サービスの内容が多岐にわたっています。
普段の生活における小さな悩み事を解決してくれるでしょう。

行政サービス

介護保険外サービスは勿論のこと、行政サービスも有用です。
各地方自治体は、紙おむつ助成事業に着手し、おむつを購入する手間と資金を軽減しています。常時おむつを必要とする高齢者が家族内に居る場合には、役場で相談してみてください。また、地域によっては、独居老人に対する配食サービス、緊急事態を通報する装置の配布などに取り組んでいます。
高齢者福祉を担当しているスタッフのアドバイスの中から、高齢の親の身の安全を確保する術が見つけられるでしょう。

介護施設への入居も選択肢の一つです!

長年にわたって介護を続ける中、訪問介護や行政サービスでは対処できない状態に陥るケースは少なくありません。
要介護状態の高齢者だけでなく、介護する家族も月日の経過に伴って年老いていきます。精神的にも肉体的にも介護が辛くなる局面を迎えるのではないでしょうか。
介護施設への入居という選択肢を頭の片隅に入れておけば、少し気持ちが楽になります。

要介護者と介護者それぞれが幸せになる方法を模索しよう

老化は、誰にでも起こりうる不可逆的な事象ですが、個人差が大きいです。長年にわたって共に生活してきた家族でも、老化による変調を予見することは難しいでしょう。
実際、アルツハイマー病の症状が顕著に現れた親を目の当たりにし、愕然としている息子や娘は多いです。要介護者の行動を見守り、身の回りの世話をし続けることは容易ではありません。
無理をせず、高齢者支援サービスの活用を検討してください。

関連記事