1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護の基本,高齢者介護の大切なこと,介護サービス関連
  4. 介護保険を活用して福祉用具をレンタルしよう!

お役立ちコンテンツ

介護保険を活用して福祉用具をレンタルしよう!

介護保険を活用して福祉用具をレンタルしよう!のアイキャッチ

介護をする時に役立つ福祉用具ですが、購入しようとするとかなり高額になってしまいます。
そんな時には、介護保険を利用して福祉用具をレンタルするという方法もあります。この記事では、福祉用具のレンタルについて詳しく解説します。

福祉用具とは?種類も紹介

福祉用具とは、障害や加齢などで介護を必要としている時に、日常生活をスムーズに送るために必要な用具のことです。
福祉用具貸与サービスを利用してレンタルすることが出来る介護用品は「車イス」に、「車イス付属品」、そして「歩行器」や、「歩行補助杖」、「手すり」、「スロープ」、「移動用リフト」、「特殊寝台」、「特殊寝台付属品」、「床擦れ防止用具」、「体位変換器」、更には「自動排泄処理装置」に「徘徊検知機器」の計13種類です。
福祉用具貸与事業者にレンタルしたい用具について問い合わせをしておきましょう。

レンタル方法

福祉用具貸与サービスは、都道府県や市区町村の指定を受けた福祉用具貸与事業者からレンタルすることが出来ます。
レンタルする時には、どの用具が最適なのかを福祉用具専門員に相談します。13種類もある福祉用具の中から、どの用具が良いのかを検討します。福祉用具貸与事業者が福祉用具を持参し、利用者との適合状態を確認します。この時点で、適合するとわかれば用具を決定して福祉用具貸与事業者とレンタルの契約を行えます。そして、レンタルがスタートします。

購入するよりレンタルのほうがお得!

福祉用具貸与サービスを導入するメリットは、経済的にもかなりお得になるということです。
13種類もある介護用品すべてを購入するとしたら、かなり経済的な負担となってしまいますが、福祉用具貸与サービスを利用してレンタルすることによって、購入するよりもずっと安く使用することも出来ます。
福祉用具貸与事業者に料金などについても事前に確認しておく方が良いでしょう。

適切な用具選びで快適な介護生活を

大切なことは、13種目の福祉用具の中から必要な用具をレンタルすることです。選び方によっては、日常生活を快適に過ごすことが出来ます。
どの用具が良いかは、福祉用具貸与事業者に相談して、介護を必要としている人に最適な用具を決めることが大切です。

大切なことは相談しよう

福祉用具は、どれを選んだら良いのか迷う人もいるでしょう。ですが、そんな時には専門知識が豊富な福祉用具貸与事業者などに遠慮なく何でも相談することを心がけましょう。
そして、何よりも大切なことは、介護を受ける人が本当に満足出来る用具を選ぶことです。見分けるためには、利用している様子を細かく観察することが必要です。

 

関連記事