お役立ちコンテンツ

ポータブルトイレを活用しよう!

ポータブルトイレを活用しよう!のアイキャッチ

福祉用具には高齢者の日常生活を支援してくれる様々な物があり、その中の一つであるポータブルトイレも重宝されているグッズです。
そこで今回は、ポータブルトイレがどのようなものなのか、その種類や選び方について紹介していきます。

ポータブルトイレとは?

ポータブルトイレとは、持ち運びができる便器のことを指しています。一般的にトイレまで移動することが困難と判断された高齢者に利用されることが多く、ある程度自立して歩ける高齢者であっても夜間に転倒のリスクがあったり体温の低下などのリスクが考えられる場合は、夜間のみ設置するというケースもあります。
使い方としてはシンプルで、居室や寝室にベッドのそばなど高齢者が利用しやすい位置に設置することで簡易的なトイレとしての役割を果たします。排泄後は便器内に設置されている容器を取り外すことで排せつ物を処理することができ、破損しない限りは継続して使い続けることが可能です。

種類と特徴

ポータブルトイレにはいくつかの種類があり、標準型と呼ばれるプラスチック製のものや木製椅子型、金属製コモード型、スチール製ベッドサイド設置型などがあります。
標準型はある程度立ち座りができる人に対応していて、プラスチックでできているので持ち運びや掃除がしやすく、リーズナブルな価格で販売されています。木製椅子型は見た目が普通の椅子なので部屋にマッチしやすいところが特徴で、様々な高齢者に適応できるタイプのポータブルトイレです。見た目がシンプルな金属製コモード型は、座面の高さが調整できることから横移乗で利用できるところが特徴とされています。 そしてスチール製ベッドサイド設置型はベッドサイドに設置できるところが最大の特徴で、なかなかうまく動けない高齢者に適応しています。

選び方

そんなポータブルトイレの選び方のポイントとしては、利用する高齢者の状態や利用する環境に合わせることが大切です。
例えばある程度立ち座りができる高齢者であれば、標準型や木製椅子型が適応します。その上で解除する人の負担を軽減したい場合は標準型の方が良いですし、居室に常に設置する際の見た目を重視するのであれば木製椅子型の方が良いと考えることができます。また自力での立ち座りが難しい人は横移乗ができる金属製コモード型とスチール製ベッドサイド設置型が適しており、解除する側の負担を考える場合は金属製コモード型の方が推奨されます。

自立支援にも!

ポータブルトイレは自力でトイレに行くことが難しい高齢者の支援をするための福祉用具として利用されている以外にも、自立支援をするための福祉用具としても活用されています。
例えば夜間に転倒リスクがある高齢者であっても、ある程度自立して生活できている場合はポータブルトイレをベッドサイドに設置することで自立して排泄をすることができます。排泄面の介助は羞恥心を覚える高齢者は多いため、ポータブルトイレであれば自分で対処できる高齢者であれば自立支援につなげることができると考えられているのです。

関連記事