1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護の原因となる病気
  4. ピッタリの杖を選んで充実した毎日を!

お役立ちコンテンツ

ピッタリの杖を選んで充実した毎日を!

  • B!
ピッタリの杖を選んで充実した毎日を!のアイキャッチ

杖は登山などにも使われますが、歩行を補助する目的で福祉用具としても使われています。
また、市販されている杖には様々な種類があり、特徴や使い方も異なっていますので、購入する前にそれらの特徴や使い方を押さえましょう。

杖の役割

杖の役割は複数あり、その一つが足腰に掛かる負担を軽減することです。高齢になると骨や関節が老化し、人によっては痛みが出たりします。
杖を使えば、身体の体重の一部を杖に分散させることが出来るため、足腰への負担を減らし、痛みを和らげたりすることが可能です。また、杖を使うことで身体を支える面積が増え、歩行の安定にも繋がります。

種類と特徴・使い方

杖の種類は一本杖に始まり、多脚杖やロフストランドクラッチ、松葉杖などがあります。また、歩行器や歩行車やシルバーカーも杖の一部としてカテゴライズされます。特に一般的なのが一本杖で、その特徴は使用時の癖が少ないため誰にでも扱いやすく、コンパクトで持ち運びに困らないという点です。一本杖の使い方は2動作歩行と3動作歩行の2パターンがありますが、基本的には健足側の手に杖を握って歩行します。

選び方

基本的な選び方については、身長の半分の長さにプラス2cmから3cmほど長さの杖を選ぶと良いとされています。また、これはあくまで目安ですので、実際に杖を選ぶときには手に持って使ってみて、歩きやすいものを選ぶようにするのがポイントです。長さについては伸縮式の杖を使えば、後から高さ調節が出来るので安心です。
その他には杖の柄や重さ、強度やグリップなども選ぶ時のポイントになってきます。

正しく選んで充実した生活を送りましょう

正しく選んだ杖を選べば歩行の安心感が違い、負担も大幅に軽減されます。また、体に合わない杖を使っていると、無理な力が入り逆に足腰を痛めてしまう恐れも出てきますので、最適な杖を選ぶことが重要です。
ちなみに、初めての杖選びのときは福祉用具を販売する専門店で相談するか、担当のケアマネージャーさんに福祉用具のプロフェッショナルである福祉用具専門相談員を紹介してもらって決めるのも良い方法です。初めて購入する方も、その道のプロと相談をすれば買って失敗することは少なくなります。

将来に備え転ばぬ先の杖を手に入れる

老化により身体が弱くなってくると、転倒することで骨折の可能性も高くなってきます。骨折をすると病院での治療となりますし、最悪の場合寝たきりになる場合もあります。ですから、良い杖を使って転倒を防ぐことはとても大切です。転ばぬ先の杖ということわざがあるように何事も早めの準備は大切です。

良い杖を手に入れて怪我を防ぎ、充実した老後を過ごしましょう。

関連記事