1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般,介護の基本,介護サービス関連
  4. 介護サービス利用には要介護認定が必要です!

お役立ちコンテンツ

介護サービス利用には要介護認定が必要です!

介護サービス利用には要介護認定が必要です!のアイキャッチ

介護が必要な方に対して介護サービスの利用を検討されている家族の方は非常に多いですが、介護サービスを利用するには、要介護認定が必要です。

ここでは、要介護認定とはいったい何か、認定の判断基準や申請方法について解説していきます。

要介護認定とは?

要介護認定とは、介護サービスの利用を希望されている方に対して、どのような介護が必要で、その介護がその程度必要なのかを判断するために行われるものです。
介護サービスを利用するには、「要支援」や「要介護」の認定が必要です。要介護認定には、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5までの7つの判定基準があります。

判定基準

要介護認定の認定は、2段階に分かれています。介護サービスを利用するために、市区町村に要介護認定の申し込みをします。申し込みが受付されると、市区町村の担当者による聞き取り調査が行われ、全国一律に客観的に判定するため、コンピュータによる判定が行われます。コンピュータが介護にかかると想定される要介護認定等基準時間を推計して算出し、7つの区分に分類します。その後、一次判定の結果を受けて、医療・保険・福祉の学識経験者で構成される介護認定審査会が介護の必要性を判定し、要介護認定の基準が決定します。
市区町村の担当者による聞き取り調査には、大きくわけて5つのチェック項目があります。身体機能や起居動作、生活機能、認知機能、精神障害や行動障害、社会生活への適応という大きな項目があり、項目ごとにさらに細かいチェック項目があります。担当者が判定を受ける方に話しかけ質問したり、手や足を動かすなどの動作を実際に行ってみてもらい、介護の必要性を判断していきます。
家族に様子をきくこともあります。身体機能や起居動作では、生活に必要な動作がどの程度できるかを判定します。生活機能は、日常生活の行動に伴うことができるかどうかを確認し、認知機能では、名前や生年月日などの記憶を確認したり、短期記憶できるかをチェックします。
精神障害や行動障害は、日常生活を送るうえで支障をきたす行動をしていないかを家族から聞き取りし、社会生活への適応では、社会生活を行うことができるかどうかを見極めていきます。

申請方法

要介護認定を希望される方が住んでいる市区町村の窓口で申請します。
申請は本人、または家族が行います。家族が窓口に出向くことが難しい場合は、地域包括支援センターなどで代行申請してもらうことが可能です。

介護サービスを利用するなら要介護認定の仕組みを知ろう

介護サービスの利用を検討される場合は、事前に要介護認定の仕組みを知っておくことが大切です。仕組みを知っておくことで、介護が必要となり、介護サービスを利用したいと思ったときにどうしたらよいのかと困らなくてすみます。認定方法や認定基準、申請方法を知ることで、介護サービスを利用するための準備をスムーズに行うことができます。

関連記事