1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般,介護サービス関連
  4. 認知症高齢者を対象とした「グループホーム」って?

お役立ちコンテンツ

認知症高齢者を対象とした「グループホーム」って?

認知症高齢者を対象とした「グループホーム」って?のアイキャッチ

介護施設には色々な種類があり、中には対象を限定している介護施設もあります。その中の一つとして知られているのが、認知症高齢者を対象としているグループホームです。
今回はそんなグループホームという介護施設について、メリットやデメリット、老人ホームとの違いも含めて紹介します。

グループホームとは?

グループホームとは、認知症と診断された高齢者を対象として利用することができる入所型の介護施設です。認知症の介護を専門に取り扱っているスタッフの援助を受けながら、5人から9人のユニットで共同生活をすることになります。
入居条件としては認知症の診断を受けていることを前提として、65歳以上の要支援2度から要介護5度までの認定を受けている人です。
また地域密着型のサービスを提供しているという特徴もあるため、施設と同一の市区町村に住民票があることも入居条件の一つとされています。
そんなグループホームの特徴は、認知症介護に特化した施設であることと少人数の共同生活が原則となっているところです。これは認知症にとって落ち着いて過ごせる環境を重視したことがポイントで、家庭にできるだけ近い環境の中で認知症高齢者が穏やかに生活できることを大切にしています。

メリット・デメリット

グループホームのメリットは、少人数でアットホームな介護施設である点があります。これによって認知症高齢者でも混乱することなく環境に馴染みやすく、職員の数も少ないことから顔なじみを作りやすいというメリットにつながっています。また認知症介護に特化している施設であることから、ほかの介護施設で受け入れが難しいと言われた認知症高齢者でも入所できる可能性があります。ほかにも家に近い環境で生活するので日常の家事そのものがリハビリになったり、住み慣れた環境から離れずに生活できるところもメリットです。
デメリットとしては、入居条件が限定されているところや看護師の配置義務がないところが挙げられています。特に看護師の配置義務がない点は、医療ケアが必要となった場合に対応できなくなるリスクもあるので注意が必要です。

有料老人ホームとの違い

グループホームと有料老人ホームの違いとしては、認知症介護に特化しているかどうかという点以外にも入居定員の違い、そして介護職や看護師の配置に関する違いが挙げられています。
有料老人ホームは認知症をはじめとして介護を必要とする様々な高齢者を受け入れていますが、グループホームは認知症の診断がなければ利用できません。また有料老人ホームは介護職の人員配置が多く看護師を配置しているところも多いため、幅広いケアの対応が可能とされています。それに対してグループホームは少人数での対応が基本で、看護師の配置も義務ではありません。
そのため介護サービスの依存度が高い場合は対応が難しいこともありますが、少人数だからこそ家のようなアットホームな雰囲気であるところが強みと言えるのです。

グループホームは認知症高齢者専門の介護施設

認知症高齢者の介護やケアに特化したグループホームは、まさに認知症になった人たちのための設備や環境が充実しています。
有料老人ホームよりも対応できるケアが限定されてしまう場合もありますが、少人数でアットホームな雰囲気だからこそ認知症の症状の進行を押さえつつ穏やかな生活が送れるように援助できるところが魅力です。

 

関連記事