お役立ちコンテンツ

介護予防について

  • B!
介護予防についてのアイキャッチ

高齢化社会を迎えた日本では、お年寄りの方が住み慣れた町で要支援や要介護になることなく、活き活きと生活を送ることが願われています。
そのような中、国は2006年の介護保険法の改正に伴い、介護予防を国の制度として導入しました。ここでは、介護予防の目的や種類・特徴などをご紹介します。

介護予防の目的

日本の高齢化は、世界でも有数と言われています。
介護予防は、65歳以上の高齢期を迎えた高齢者の健康づくりを意味します。高齢者が住み慣れた町で活き活きと暮らすには、元気なうちから介護予防に取り組むことが大切です。つまり、介護予防の目的は、要介護になるのを未然に防ぐこと・できるだけ要介護状態になることを遅らせることにあります。
さらに、介護がすでに必要なお年寄りは、それ以上状態が悪くならないように必要な支援をすることです。
具体的には、運動能力の低下を防ぐためにレクリエーションや体操・リハビリなどを取り入れたり、栄養指導などで食生活の見直しを行います。 また、日常生活の質(QOL)を高められるように、会話をして声を出したり食べ物をしっかり噛んで飲み込むなど、口腔機能の向上を図ります。
ただ、介護予防は要介護にならないように予防を目的としているので、すでに要介護の低い状態(要介護認定1)の人は、サービスを受けることで状態の悪化を遅らせられると判断された場合に、介護予防サービスを受けられる可能性があります。

種類と特徴

これまでの介護予防は、介護認定で自立と判断された高齢者しか利用することはできませんでしたが、新しい介護予防制度では対象が65歳以上の要支援者まで広がったのが大きな違いです。
介護予防サービスは、高齢者が住み慣れた地域でこれからも生活していけるようにサポートするものです。したがって、在宅を中心に生活支援が行われるのが特徴で、ある程度自立して生活を行えることが前提となっています。
介護予防サービスには、以下の2つの種類とそれぞれの特徴があります。
1つ目は、地域密着型介護予防サービスです。介護予防サービスと同様に、地域で継続して生活していけるように高齢者をサポートします。特徴は、その地域に住んでいる住民以外はサービスを利用できないということです。サービスの内容や種類は、自治体によって違っているので、利用する前に確認が必要です。
2つ目は、地域支援型の予防サービスです。このサービスの特徴は、対象者が健康で自立した高齢者と要支援認定1~2の高齢者に限られていることです。地域でサービスを受けながら、将来介護を必要とせずに生活していけるようにするためのものです。

介護予防サービスを活用しましょう

介護予防サービスは、国が制度として定めた公的支援です。ほとんどの自治体で実施されていますが、サービス内容や種類は自治体によってさまざまで、認知度が低く利用していない高齢者も少なくありません。
介護のリスクが減るなど大きなメリットがあるので、積極的に介護予防サービスを活用していきましょう。

介護予防サービスで自立した老後を送りましょう

高齢者人口が増え続ける日本において、介護予防サービスの制度化は健康で豊かな高齢期を送るために画期的な施策となっています。それぞれの自治体でサービス内容や種類も充実しつつありますが、利用者の認知度が低いのが課題になっています。
自立した豊かな老後を送るためにはメリットが大きいサービスなので、積極的に活用していきましょう。

 

関連記事