1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般,介護サービス関連
  4. 「居宅療養管理指導」サービスの活用

お役立ちコンテンツ

「居宅療養管理指導」サービスの活用

「居宅療養管理指導」サービスの活用のアイキャッチ

少子高齢化社会の到来により介護が必要な人は日増しに増えています。身体が不自由だと病院にもなかなか通うことができず、日常生活での不安からくる相談なども簡単ではないでしょう。

そういった場合におすすめしたいのが「居宅療養管理指導」サービスです。

「居宅療養管理指導」とは?

身体的要因や置かれた環境が理由で通院することが難しい人を対象とした、往診介護サービスのことをいいます。医師や看護師といった医療の専門家が要介護者の自宅に訪問して健康管理や指導を行います。
居宅療養管理指導サービスを受けることができる利用対象者は、要介護1~5の認定を受けている65歳以上の高齢者です。要支援1・2の認定を受けている人の場合は居宅療養管理指導サービスとは違い、介護予防居宅療養管理指導サービスを受けることができます。
ただし、65歳未満の人でも場合によっては居宅療養管理指導サービスの対象者に含まれるケースがあります。パーキンソン病、関節リウマチ、末期ガンなどの全16種類の特定疾病のいずれかで要介護認定を受けた、40歳~64歳の介護保険加入済みの人であればサービスを受けることが可能です。

メリット・デメリット

居宅療養管理指導を受けるメリットは、わざわざ病院に出向かなくても医師や看護師といった医療の専門家に健康管理、指導を受けられることがあげられます。毎日のように管理が必要な医療器具や口の中のトラブルのケアやアドバイスなどを、定期的に専門家から受けることが可能です。
ただし、本人の希望だけではこれらのサービスを受けることができないという点は大きなデメリットといえます。居宅療養管理指導サービスを受けるためには、医師や歯科医師の指示が必ず必要です。

利用方法

担当のケアマネジャーに居宅療養管理指導サービスを利用したいと相談しましょう。相談をもとにケアマネジャーが心身の状態を見て利用するべきかどうかを判断します。ケアマネジャーが居宅療養管理指導を受けるべきだと判断すれば、利用者に適したタイミングで居宅療養管理指導のサービスが開始されます。
サービス提供事業者を選ぶ際には、内容や料金などの詳細な説明をしてくれるかどうかなどのチェックを済ませておきましょう。
こういった点をチェックしておくことで事業者が信頼できるかどうかを見定めることが可能です。

介護を必要とする本人や家族が頼れるサービス

自宅でも医療専門家から日常でのケアやアドバイスが受けられる居宅療養管理指導はすばらしいサービスだといえます。
要介護者だけでなく、病院への付き添いや移動介助をすることになる家族にとっても頼れるサービスです。実際の医療行為ではなく、あくまでも日常面での健康管理や指導といったサービスになりますが、利用方法を間違わなければ家族全員が満足できうるサービスでしょう。

関連記事