お役立ちコンテンツ

「老人性うつ」って知ってますか?

「老人性うつ」って知ってますか?のアイキャッチ

身内に高齢者がいる場合、家族は心や体の変化や不調に普段から気を付ける必要がありますよね。
いつもと様子が違うと感じると、認知症を疑う方もいますが、もしかしたらそれは高齢者が掛かる疾患の一つである「老人性うつ」かもしれません。

老人性うつとは?

いわゆる「老人性うつ」とは、65歳以上の方がかかるうつ病のことです。うつ病は子供から大人まで年齢層も幅広く掛かる、日本でも罹患率の高い疾患ですが、高齢者が掛かることも珍しくありません。また、高齢者は加齢に伴う体力の低下や環境の変化などで発症しやすく、うつ病の典型的な症状が認知症の症状と似ているため、家族や本人がうつ病に掛かっていることに気付かないことも多いです。

症状と原因

老人性うつは、基本的にはうつ病と同じく気分のふさぎや意欲や思考力の低下などの症状が現れます。
他にも老人性うつの特徴的な症状としては肩こりや頭痛、耳鳴りやめまい、吐き気や食欲不振などの身体的不調を訴えるケースが多いです。また、妄想や不安、緊張という症状も現れることがあり、この点が認知症と混同される理由でもあります。
原因としては子供の独立や定年をきっかけとする孤独感、体力や気力の低下、金銭面での不安などが挙げられ、特に人と接する機会が少なくなる環境によって発症するリスクが高まります。

対処法

対処法にはまず、心療内科などで診察を受けることが重要になります。うつ病と同様に薬物療法やカウンセリングなどの心理療法などの治療が行われますが、他の疾患の薬を常用している方は注意が必要です。うつ病の際に通常用いられる抗うつ薬などは副作用の心配もあり、飲み合わせによっては処方をしてもらえないこともありますので、主治医に相談したり、普段飲んでいる薬のことを診察の時に医師に伝えるようにしてください。
また、家族の方は「不安なんだね。」と、相手の気持ちを汲む接し方を心掛けます。一緒に外へ散歩に出かけたり、人と話す機会のある場に連れて行ってあげるなどの対処法も効果的です。

気になったら病院で相談を!

老人性うつは、うつ病とは違って休むことよりも活動をすることが薬となる場合も多く、適度な運動をしたり人や社会との繋がりを作ることによって症状が改善する可能性があります。また、バランスの良い食事で栄養をしっかりと摂取することも大切です。
ですが、人にはそれぞれ持つ性格や得た経験などが異なりますので、少しでも気になったら医師に相談をしてくだい。
体調不良で病院に行ったけれど何も異常は無かった、ということから老人性うつに掛かっていることが分かる場合もありますので、躊躇せずに病院へ行けば重症化を防ぐことにも繋がります。

早めの対応が肝心

誰しも気分が落ち込んだり、元気が出ないことはありますが、老人性うつは放置しておくと症状が悪化する恐れのある疾患です。ですが、病院で適切な治療を受ければ治すことのできる疾患ですので、異変に気付いたら早めの受診が肝心となります。

ですので、家族の方は日頃の変化を見逃さないように見守ってあげることが大切です。

関連記事