お役立ちコンテンツ

車椅子の選び方

車椅子の選び方のアイキャッチ

車椅子は複数の種類があり、その形状によって最適な使い方が異なります。また、材質による使いやすさの違いもあるので使用する際はその点に注意しなければいけません。

毎日を健やかに暮らせるように、自分の体に最適な車椅子を選ぶ方法を学びましょう。

車椅子の種類

車椅子は大別すると自走用と介助用があります。

自走用は使用者本人で操作ができる車椅子です。後輪のサイズを大きくすることで、使用者本人による車椅子の操作が可能になっています。後部には介助用のハンドルも付いているので汎用性が高い車椅子ですが、横幅がやや大きいので車両に積み込む際は注意が必要です。
介助用の車椅子は名前の通り、他の人による介助を前提とした作りになっている車椅子です。使用者本人が操作をしないので後輪のサイズも小さく、その分小回りが利きやすくなっています。コンパクトに収納できるのもメリットのひとつですが、自走用と比較すると安定性がやや劣るのでその点は注意しなければいけません。

選ぶときのポイント

車椅子を使用する際は目的に応じて選ぶことを心がけます。

自走用の車椅子は他に介助する人がいなくても使用者が自分で操作することができます。また、安定性も高いので初めて車椅子を使う人は自走用を選ぶのが無難です。
介助用の車椅子は他の人の操作が必須な他、安定性がやや劣ることから初心者向けではありません。しかし小回りが利くうえに、価格も自走用より安価なので使い方次第では十分に活用することができます。

また、車椅子の材質も操作性の良し悪しに大きく関係します。基本的に軽量な材質ほど操作性が向上するので使用者への負担が軽減されますが、その分販売価格も高額になる事実は否定できません。そのため、予算と操作性を照らし合わせて慎重に判断する必要があります。

自分でできること減らさない!

車椅子の使用は歩行機能が損なわれた人でも移動ができる利点がありますが、その一方で自分の足で歩くためのリハビリが疎かになりやすい問題があります。車椅子での移動に慣れてしまうと自分の足で歩くことが大きな負担に感じられます。次第に歩行機能そのものが低下する可能性も否定できません。
自分の足で歩くことを忌避しないようにリハビリは積極的に行うことが重要なのです。

使用者の暮らしを第一に考えることが大切

車椅子は歩行機能が損なわれた人でも快適に暮らせるように作られた補助具です。そのため、何よりも使用者自身が感じる使い心地を考慮する必要があります。自走用と介助用、そして車椅子の材質によって操作性は大きく変わります。
車椅子は長く使い続ける物なので、用途や予算などの事柄を踏まえたうえで判断するのが毎日の暮らしを快適に営むための秘訣です。

関連記事