お役立ちコンテンツ

介護の方向性を決める「ケアプラン」

介護の方向性を決める「ケアプラン」のアイキャッチ

近年、少子高齢化は加速度的に進行しており、「介護」は全ての人にとって他人事ではありません。そして、介護保険を利用したサービスを受けるためにはしっかりしたケアプランの立案が必要です。

適切なケアプランを作ることが介護のスタートになります。

ケアプランとは?

ケアプランは、要支援・要介護に認定された方が、できるだけ自立した生活を送るために「介護サービスをどのように利用するか」について決める計画書のことです。ケアプランは現在の住環境や健康状態、またご家族の要望を踏まえて決められます。

介護保険によるサービスを利用する場合、ケアプラン作成は必須となります。ケアプランを作成するのはケアマネジャーまたは本人になりますが、介護の専門家としてケアマネジャーによるアドバイスは貴重なものです。

作成方法

ケアプランはケアマネジャーによって作成されることが多いです。その場合、ケアマネジャーは本人の状態を把握して、適切な介護サービス事業者を選定します。自宅訪問を行い、現在の状況の聞き取りを行ったうえで、適切な介護サービスを組み合わせてケアプランを作成するのです。

アセスメントの実行は最も重要なものとなります。利用者と家族からも意見をきき、チームで検討しながらケアプランを完成させるのです。

また、ケアプランは本人も作成できます。この場合はプライバシーを他人であるケアマネジャーに知られないというメリットはあるものの、望むようなサービスを適切に選択できるかは専門家でないと難しいというデメリットもあります。

前向きな介護生活を!

ケアプランを作成する際は、将来の目標を持つことが大切です。しっかりしたケアプランを活用することでその人に合った介護サービスを利用できます。

後ろ向きな考えは禁物です。数年後にはこのような状態になっていたいと、なるべく具体的なイメージを持ち、前向きに考えましょう。意欲を持つことで、生きる喜びや快適な生活が実現するのです。

介護は本人だけの問題ではありません。家族はもちろん、施設事業者やケアマネジャーも含めて取り組むべき課題なのです。チームとして取り組むことが必要です。

ケアマネジャーをはじめ、専門家の力も十分に活用すべきです。

ケアプランを通じて質の高い生活を実現する

ケアプランは施設利用者ができるだけ自立した生活を送り、質の高い生き方を実現することが目的です。実際にプランを作成するのはケアマネージャーであることが多いですが、家族やサービス事業者も一体となって考えていくことが大切です。

必要な介護サービスは一人一人によって異なります。いかにその人に合ったケアプランを作れるかが介護の重要なポイントになるのです。適切なケアプランを作成することは最も大切になります。

関連記事