お役立ちコンテンツ

入浴用介護用品を活用しよう

入浴用介護用品を活用しようのアイキャッチ

高齢者や要介護者の入浴には介護が必要です。体を清潔に保ちあたたまることができるお風呂は気持ちが良いものですが、高齢者になると自分の力だけでは入浴が困難になってきます。転倒などの危険もあるため様々なサポートを行いましょう。

その際に入浴用介護用品を活用するとスムーズで快適なバスタイムになるのでオススメです。

入浴用介護用品の種類

入浴用介護用品には様々な種類がありますが、代表的なものが風呂椅子です。背もたれや肘かけが付いたタイプのものや折りたたみが可能なタイプなものなどがあります。被介護者の体の状態に合わせて風呂椅子を選ぶようにしましょう。また浴室のスペースとのバランスもチェックする必要があります。風呂椅子を設置したら介護者が動けるスペースが狭くなって介助がしにくくなった、ということがないように事前に風呂椅子の大きさを確認してください。

自力で立ち上がったり、浴槽をまたいでの出たり入ったりが難しい場合には入浴台(バスボード)を使用します。入浴台を浴槽にセットして腰掛けることで、体を安定させることができます。つかまることができるハンドルが付いていると、動作が楽になるのでオススメです。

滑り止めのマットなども転倒を防止し、安全を確保するために有効です。

お互いのメリット

入浴用介護用品を使用すると安全でスムーズな入浴が可能になるので、被介護者と介護者の両方にメリットがあります。

入浴がスムーズに進まないと、被介護者は体力を消耗し疲れてしまいます。そうすると次の入浴をストレスに感じてしまう可能性があります。最悪の場合には入浴を拒否するケースもあるため、快適な入浴が行えるかどうかは重要です。入浴しないままでは体を清潔に保つことが難しく、皮膚トラブルなどの可能性も出てきてしまいます。

介護者も被介護者の入浴介助は重労働ですので、入浴用介護用品を使用することで介助の負担を減らすことができます。入浴用介護用品があれば被介護者が自分の力でできることが増えるのでサポートがグッと楽になります。介護者に余裕が出ることで楽しいバスタイムにすることができるのも大きなメリットです。

介護サービスも活用しよう

自宅での入浴の介護が難しくなってきた場合には介護サービスを活用するのもオススメです。デイサービスなどの施設でプロのスタッフが入浴介助をしてくれたり、訪問入浴車で自宅を訪問し入浴をサポートしてくれるサービスなど様々です。看護師やヘルパーなどの資格を所有したスタッフが入浴を介助してくれるので安心です。

入浴は床ずれなどの予防にもなりメリットも多いので、便利な介護サービスも活用してみましょう。

入浴用介護用品で楽しいバスタイムを!

入浴は体を清潔に保ち、血行を促進する効果があります。湯船で体をあたためると、体の緊張がほぐれリラックスもできるため多くの利点があります。

高齢者や要介護者は自力での入浴が難しいため、風呂椅子や入浴台などの入浴用介護用品を使用してスムーズな入浴をサポートするのがオススメです。プロのスタッフの介助を受けることができる介護サービスも活用しましょう。

関連記事