1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護サービス関連
  4. 在宅介護と施設介護の違い

お役立ちコンテンツ

在宅介護と施設介護の違い

  • B!
在宅介護と施設介護の違いのアイキャッチ

高齢化社会の影響で自分の親などの、介護が必要になるケースは増えてきています。

親などの介護では在宅で行う方法と、施設を利用して専門家に任せるやり方があります。

どちらも一長一短なのでよく考えて、自分に合った方法を選ばなければいけません。

在宅介護とは

自宅で親などの高齢者支援をする在宅介護は、どのようにするか自分で決められる良さがあります。ホームヘルパーやデイサービスなどを利用して、負担を軽減しつつ家族で支援できる方法です。

家族で支援をするので相手の事情を理解しやすく、コミュニケーションを取りやすい特徴もあります。

大きな費用がかかりづらい在宅介護は、少ない負担で問題に対応したい時に利用できます。

ただ長時間高齢者の支援をするので精神的に疲れやすく、特に夜間の介護は家族でしなければいけません。病気などで急に体調が悪化した時も対応しづらいので、よく考えて行う必要があります。

施設介護とは

介護施設などを利用した方法はよく行われていて、負担が小さい特徴があります。

必要な作業は施設の職員がするので、家族が特に何もしなくてもすむ方法です。施設介護は専門家が問題に対応してくれるので、トラブルが起きづらく評価されています。

また施設には多くの方が来るので介護を受ける方が刺激を受けやすく、痴呆などの予防ができる場合もあります。

便利な施設介護ですが大きな費用がかかりやすいので、負担を調べてから利用しなければいけません。高齢者と介護施設との相性も重要になるため、サービスを利用する時は慎重に対応する必要があります。

在宅介護と施設介護の長所と短所

高齢者支援をする時は在宅介護と施設介護のどちらかを行いますが、それぞれの違いを理解しておくべきです。

自宅で行う在宅介護は自由に高齢者の支援ができますが、家族にかかる負担が大きい問題があります。

もう一つの施設介護は高齢者支援を依頼するので、どのような形で行うか施設の側が基本的に決めます。

専門家に任せられるので施設介護は便利ですが、高額な費用がかかる場合もあります。

高齢者介護をする時は特徴を十分に理解して、支援を受ける方と相談してから必要なサービスを選ばなければいけません。

自分に合った介護の選び方

高齢化の問題は沢山の人に影響を与えていて、自分の親の介護をどうするか悩んでいる方も少なくありません。在宅介護と施設介護の違いを理解しておけば、どの方法なら問題を解決できるか理解できます。

時間に余裕があって高齢者の支援を家族が行えるならば在宅介護、仕事が忙しく対応が難しいならば施設介護が向いています。

関連記事