お役立ちコンテンツ

高齢者の食事

  • B!
高齢者の食事のアイキャッチ

65歳を超えると、体が自由に動かなくなるなど、様々な身体機能が低下することが特徴です。

日常生活のあらゆる状況においてそれらが顕著に出ますが、中でも食事については、若いときよりも配慮することが多くあります。

食事をするための様々な器官が衰えていく

身体低下の影響は、日常生活における食事の仕方を変化せざるを得なくなるほど、変化して行きます。

最も顕著な例としては、噛む力・飲み込む力が衰えていくことがあります。高齢者になると、歯の調子が悪くなどの理由で入れ歯になってしまう人も存在します。そうした入れ歯の不具合や、身体機能の一つである噛む力の低下が引き起こされます。すると、野菜や肉など固い食べ物及び繊維質が豊富に揃っている食べ物を食べることが困難となります。よって、ペースト状にする、刻むなどして食べ物を柔らかくする必要が生じます。

唾液の分泌量も減少していくため、口の中で食べ物がうまく飲み込めなくなり、消化物が肺の中に入っていくといった誤嚥が生じます。固い食べ物のみならず、水といった柔らかいものまでも誤嚥の対象となってしまうため、食べ物にとろみをつけることが求められます。

味覚や姿勢の変化にも気をつける

高齢者の食事を観察していくと、味覚や姿勢などといったところにも大きな変化が見受けられます。

正確に味を感じる器官が衰えていくため、薄味を感じなくなってしまい、濃い味付の食事を好む性質に変化していきます。同時に、素材本来の美味しさを感じにくくなることもあり、食事の量が低下していくという問題を生じさせます。

それに加えて、食事をするための姿勢も仰向けになりがちで、噛む力・飲み込む力の低下と同様、誤嚥の発生を招いてしまいます。

濃い味付に偏った食生活は、低栄養を招く要因となってしまうため、栄養の偏りがないメニュー編成にすることが求められます。背筋を伸ばし、顎を引いて食事をする、つまり前かがみになって食事をするための習慣づけを意識して行う努力も必要です。例えば、椅子の後ろにクッションを置くなどして、前かがみの姿勢を維持することは、誤嚥防止としても大いに役立ちます。

孤食は食生活に悪影響を与える

高齢者一人で食事を取ることを孤食と言いますが、これを続けていると日常生活に悪影響を及ぼします。一人で食事を作り、食べることから、食事のバランスが偏りがちになっていきます。さらには食事に対する意欲が低下、さらにはその回数までも減っていきます。

この生活が続いていくと、低栄養や活力の低下を招くという悪循環に陥ります。そのため、家族や友人での食事を増やすなどの対策が必要となります。

高齢者の体質にあった食生活を考えていく

噛む力や飲み込む力、味覚の変化など、高齢者が食事を取る場面においては、適切な方法を取っていくことが求められます。食事に必要な調理法の変化や、姿勢の矯正、あるいは一人で食事を取らないなどの対策は、日常的に行っていく必要があります。

家族や友人などが高齢者の食生活の変化を感じ取り、体質にあった食生活を考えていくことが重要です。

関連記事