お役立ちコンテンツ

骨粗鬆症について

  • B!
骨粗鬆症についてのアイキャッチ

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、骨の強度が低下して、骨が折れやすくなる病気です。

くしゃみをしたり、転んで手をつくなどの少しの衝撃で骨が折れてしまうことがあります。

痛みなどの自覚症状がない場合が多いので、骨密度の検査を定期的に受けて注意することが大切です。

どんな症状があるのか?

前より身長が低くなったり、背中や腰がまがったり痛みを感じるなどは骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の可能性があります。

原因は、骨の強度が低下したことにより、背骨が体の重さに耐えられなくなり「圧迫骨折」をおこしているからです。背骨の一部が骨折すると、まわりの骨に負担がかかり、次々と骨折をおこすことにつながります。骨折した背骨が変形して背中が丸くなった状態では、肩や首、呼吸器や消化器などの内臓を圧迫して負担をかけいろいろな症状があらわれます。 手首や太ももの骨折も多く、太もも(大腿骨)の骨折は寝たきりの原因になります。

寝たきりになった結果、認知症などを発症する場合もあるので注意と予防が必要です。

原因とは?

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)には「原発性」と「続発性」があります。

9割の人が原発性骨粗鬆症(こつそしょうしょう)で、主に女性ホルモンの低下や加齢が原因です。丈夫な骨には、古くなった骨をこわして吸収し、新しく作りかえる骨の代謝が大切です。加齢によってビタミンDの不足や副甲状腺ホルモンの働きが変わり、骨の代謝バランスが崩れることで骨の強度が低下していきます。女性の場合は、閉経によりエストロゲンというホルモンが分泌されにくくなり、骨の代謝バランスを崩してしまいます。

続発性骨粗鬆症(こつそしょうしょう)は、病気や薬の影響でおこります。ホルモンバランスが崩れる内分泌疾患や糖尿病などの生活習慣病、ステロイドなどの薬、原因はさまざまです。

骨粗鬆症と診断されたら

改善には、食事療法と運動療法があります。カルシウムとその吸収を良くする成分が入っている食事をとることが効果的です。カルシウムの吸収を良くするビタミンDは食事以外では、日光にあたると体内で作られます。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になったら骨折しないように運動を避ける人もいますが、逆効果です。運動による骨への刺激や、筋肉の維持が丈夫な骨を作ることにつながります。

健康に長生きするために

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の改善には食事と運動が大切ですが、運動のレベルには注意が必要です。年齢や体調に合っていなければ、効果がなかったり、骨折や怪我をしたりしてしまいます。食事も体調や体質に合わせてバランス良くとる必要があるので、医師や専門家に相談してアドバイスをうけましょう。

丈夫な骨作りが、健康で長生きするためには大切です。

関連記事