1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般
  4. 高齢者がかかりやすい感染症とは?

お役立ちコンテンツ

高齢者がかかりやすい感染症とは?

  • B!
高齢者がかかりやすい感染症とは?のアイキャッチ

高齢になると、若い頃より感染症にかかりやすくなります。しかし、実際にかかってみるまでは他人事のように考えている方もいるかもしれません。

ここでは、高齢者が感染症にかかりやすい理由やどんな感染症にかかりやすいか、予防策などを合わせて紹介します。

高齢者が感染症にかかりやすい理由

ひと口に感染症といっても様々な種類がありますが、感染症は全般的に抵抗力が弱った体に感染しやすいのが特徴です。高齢になり免疫力が低下してくると、細菌やウイルスに抵抗する力が弱まります。そのため、容易く感染症にかかってしまうのです。特に、高齢者が多く集まる施設では一気に感染症が広まってしまうリスクもあります。

もう一つ可能性として考えられるのが、細菌やウイルスへの注意力が低下してしまうことです。汚れたものを触った後や外出から帰宅したときなどにも、こまめな手洗いやうがいを怠ってしまう可能性があります。こうしたリスクがいくつも重なると、いつ感染症にかかってもおかしくない状況です。

高齢者がかかりやすい感染症

高齢者がかかりやすい感染症には、実に多くの種類があります。若い人にもまん延しやすいインフルエンザは、高齢者にも要注意の感染症です。

食事や食器などから感染することが多いノロウイルス感染症やO157は、施設などでの集団感染がよく起こっています。尿道から細菌感染する尿路感染症、浴槽の水などから感染しやすいレジオネラ症にも注意が必要です。台所などの水場からでも感染することがある緑膿菌感染症は、呼吸器や肺に重大な影響を及ぼす恐れがあります。

こういった細菌が肺で炎症を起こすことによって発生するのが、肺炎です。高齢者の場合、誤嚥によって口内菌が肺に入って肺炎に至ることが少なくありません。

高齢者が感染症を予防するには

感染症は、日常的な対策でも予防が可能です。

例えば、外に出て家に入ったときに必ず手洗いとうがいを欠かさないのは、単純な習慣ですが効果的です。尿路感染症は、陰部を含めて体を清潔に保つことで予防効果があります。インフルエンザのような流感には、予防接種を受けておくとよいでしょう。

日頃から健康的な食生活や生活習慣を心がけ、元気な毎日を送ることは基本です。周囲に感染症にかかっている人がいる場合の空気感染や飛沫感染の対策には、マスクをしたり別の空間で過ごすことをおすすめします。

高齢者がかかりやすい感染症を知り予防をしよう

免疫力が低下しやすい高齢者には、ちょっとした細菌にも気を付けて感染症予防の対策をすることが大切です。過去に感染症にかかって苦しい体験をした方も、高齢になってからまだ感染症にかかったことがない方も、日頃の習慣を見直してみませんか?

清潔や日々の健康的な生活を心がけ、感染症にかかりにくい体を作りましょう。

関連記事