1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般
  4. どの施設が適しているのか、知っておきたい老人ホームの種類

お役立ちコンテンツ

どの施設が適しているのか、知っておきたい老人ホームの種類

  • B!
どの施設が適しているのか、知っておきたい老人ホームの種類のアイキャッチ

老人ホームの種類

ご自身の介護が必要になったときや老後の住まいについて検討されているご本人様をはじめ、今すぐにでも入居が必要と悩んでいるご家族様も多いのではないでしょうか。老人ホームには種類があるうえ、それぞれの施設で入居条件や設備、環境、サービスの内容やスタッフの対応などが異なっています。

そのため、入居する方の状態やご希望、どんな過ごし方をしたいのか、ご予算などを踏まえて、しっかりと検討することが大切です。ここでは、高齢者向けの施設として代表的な特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホームの違いについてご紹介します。

介護度が重い方向けの特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは多くの地域で用意されている形態ですが、要介護3以上の方が対象と、比較的介護度が重い方しか入居ができません。歩行や日々の生活に多少の介助が必要といった要介護2レベルまででは、通常利用できないのが特徴です。一方で、寝たきりといった介護度が重い方も対応が可能です。

スタッフの対応力や医療機関との連携体制の有無により、医療措置も可能か、看取りまでできるかは、その施設ごとに異なります。24時間の親身な介護が受けられる割には費用が比較的低コストなので、介護が必要な高齢者が多い地域では待機待ちになるケースも少なくありません。

入居申し込みをする前に、体験入居やショートステイなどを利用して、ご本人と施設やスタッフとの相性を確かめておくことがおすすめです。

さまざまなスタイルがある有料老人ホーム

有料老人ホームは多彩なスタイルがあるため、ご本人の状態や老後の生活の希望、ご予算などに合わせて丁寧に選んでいく必要があります。

医療措置や看取り、重度の介護ケアまでできる有料老人ホームがある一方で、入居条件が自立した生活ができることと限定され、介護が必要になると退去しなければならない有料老人ホームもあるからです。費用や設備、サービスもさまざまで、入居金なしで月額費用のみのところもあれば、高額な入居一時金が必要なケースもあります。

天然温泉つき、シェフによる懐石料理やフレンチが食べられるなど、ハイグレードなサービスや充実の設備をウリにしているところも少なくありません。1人ずつの入居のほか、ご夫婦や兄弟姉妹で1つの部屋に入居できるケースもあります。

ご希望などを踏まえ、条件やサービスを比較しながらしっかりと選びましょう。

認知症の方の生活をサポートするグループホーム

グループホームは基本的に認知症の方を対象としています。

少人数制のアットホームな施設が多く、介護スタッフと入居者が共同生活を送りながら、生活面のサポートを受けるスタイルです。料理や掃除、お片付けなど、ご自身でできることをなるべく行うことで残存能力を引き出し、認知症の進行を遅らせることを目的としています。認知機能が衰えた方や徘徊などの不安がある方が介護スタッフのいる安心の環境で、一人ひとりの個性を尊重された生活を送れる場所です。

入居条件や環境、どんな生活が送れるかはグループホームごとに異なるため、体験入居をさせてもらうなど、ご本人との相性をよく確認しましょう。

介護保険を利用して

介護が必要ない方でも利用ができる一部の有料老人ホームを除き、そのほかの高齢者施設では介護保険の利用が可能です。

自費で受けるサービスもあるものの、毎月の利用料金を、介護保険を利用することで1割の自己負担のみで利用できる場合も少なくありません。費用が気になって入居が難しいという方は、まずは介護保険の利用ができるか申請を行いましょう。

地域のケアマネジャーに相談することで、ご本人の状態にあった老人ホームの種類のアドバイスも受けられます。

まとめ

まずは、それぞれの施設について大まかな施設の違いを理解しておきましょう。どのようなサービスが提供されているかを理解しておけば、選ぶ際に役立ちます。

実際に選ぶ際には、本人もしくは家族が、複数の施設を見学し、入居されているお客様の表情やスタッフの動き、施設長の人柄などを目で見て確認することが大切です。

 

関連記事