1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護福祉全般
  4. 脱水症の予防と対処法

お役立ちコンテンツ

脱水症の予防と対処法

  • B!
脱水症の予防と対処法のアイキャッチ

脱水症について

人間の身体は一定の水分量と必要な成分が保たれることによって、健康な状態を維持していると考えられています。

介護を受けている高齢者も同じで、一定の水分量と成分が保たれることで健康的な身体を保っています。水分は食事や水を飲むことなどによって補給され、汗や排泄によって身体の外に出る仕組みです。上手く水分を補給することが出来ず、さらにきちんと排出されないとバランス調整が崩れて脱水になってしまうのです。

特に高齢者は水分の保有率が低いとされているので、すぐに脱水になってしまう可能性があります。また老化によって喉の乾きを感じにくくなり、水分の補給がおざなりになってしまうことがあります。

トイレへの移動も困難な人も多く、上手く水分の調節が出来ないこともあって脱水になりやすいのです。

脱水になってしまう条件が揃っているので、食事やお茶の時間には水分摂取の介助を心掛けるようにします。

脱水症を調べる方法

高齢者が脱水状態になっているかは、口腔ケアをするときなどにチェックすることが可能です。

歯磨きをするときなど口の周りが乾いていないか、口の中や舌が乾燥してきないか確認します。また排泄介助のときには尿量をチェックして、脱水傾向になっていないか注意深く観察しておくと安心です。

飲んだ水の量と排泄した水分の量が分かるようにチェックシートを作っておくと、脱水症状なのか判断しやすくなります。なんとなくぼんやりしている、元気がない、食欲がないときも脱水の可能性があるので、注意することが大切です。

脱水の予防

脱水の予防に効果的だと考えられているのが、小まめな水分補給です。水分補給がいつでも出来るように高齢者が居る部屋や寝室に水分を置いておきます。

自分で動くのが難しい人には手に届く範囲に置いておいてあげたり、口元まで持っていって飲んで貰うようにします。食事やお茶の時間には水分を摂って貰えるように、優しく声を掛けることもポイントです。

正しい姿勢で飲めるようにサポート

高齢者によっては嚥下反射が上手くいかず、誤嚥を起こしてしまうときがあります。肺炎や窒息などの重大な事件に繋がることあるので、飲み物を与えるときには正しい姿勢で飲めるようにサポートすることが大事です。

自分自身で座ることが出来るなら椅子や車椅子に座って貰い、少し前のめりにかがんで貰うと誤嚥の予防になります。顎が上がってしまったり、頭が後ろに傾いてしまうも飲み込みにくくなるので気を付けます。

ベッドから離れられない場合はベッドの高さを調節し、介護者はベッドのサイドに立つとスムーズです。上体を起こしてあげて、安定した座位になったら口元に飲み物を運びますが、頭が不安定だったり、高さが足りないときには枕やクッションで高さを調整します。

飲み物を飲んだ後は逆流を防ぐためにしばらくの間は上体を起こしたままにしておきます。

自力で水分を摂取させる

筋肉の低下や病気による麻痺が起こっている高齢者にとって便利なのは、介護用のコップです。コップを上手く掴めないとストレスの原因にもなりますし、水分を摂取するのが面倒になる人も中には居ます。

自分で積極的に水分を摂って貰うためにも介護用品を上手く活用して、脱水を防ぐようにすることも賢いやり方です。介護用のコップはホルダーが付いていたり、握りやすい工夫がされています。使い方を丁寧に説明して、なるべく自力で水分が摂取出来るようにします。

排泄介助と連動して考えることも重要

脱水の予防では、排泄介助と連動して考えることも重要です。

失禁などの失敗をしてしまうと水分を控えるようになってしまう高齢者も多く、脱水症状に近づいてしまいます。排泄に時間が掛かるようになってから水分の摂取を控えるようになったのなら、排泄環境を整えたり、介護の工夫をして高齢者が安心して水分を飲めるようにするのです。

トイレに行くことが出来る高齢者ならトイレについて行ってあげて、ズボンやスカートを下ろす作業を手伝います。排泄中はトイレの外に出て、終わったら声を掛けて貰うようにすると恥ずかしさも軽減されます。

洗浄用のレバーは自分で操作して貰うなど、プライドを傷付けないようにするのも介護のコツです。ベッドから動けない人ならベッドの近くにポータブルトイレをおいて、すぐに排泄が出来るような環境にします。このように排泄が出来る環境か整えば、遠慮なく水分が飲めるようになるかもしれません。

優しく話し掛けてあげる

脱水にならないためには、温度調整にも配慮します。感覚機能の低下や認知症などによって体温の調整が上手くいかず、脱水になることもしばしばです。夏の暑い日に重ね着をしていたり、エアコンをつけずに過ごしているケースも少なくありません。

明らかに厚着をしていたら上着を脱いで貰ったり、エアコンをつけたりして体温が上がらないようにします。

このときにきつく叱るのではなく、優しく話し掛けてあげると納得してくれることがあります。

脱水症の対処方

予防について説明しましたが、万が一脱水になってしまったときには、素早い水分補給が大切です。

電解質が入ったスポーツドリンクなどを与えて、体内の水分量を増やします。クーラーがついていなかったらつけて、涼しい部屋にすること忘れてはいけません。意識がないときや様子がおかしいときには迷わず医師に相談するようにしましょう。

関連記事