1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 高齢者介護の大切なこと
  4. 高齢者の肌トラブルをケアしよう

お役立ちコンテンツ

高齢者の肌トラブルをケアしよう

  • B!
高齢者の肌トラブルをケアしようのアイキャッチ

高齢者の肌トラブルについて

加齢とともに肌トラブルは起こりやすくなりますが、体が不自由な高齢者になると加齢に加え、床ずれや排泄物の刺激など、肌トラブルを起こしやすい要因が増えてしまいます。肌荒れを起こすと、ヒリヒリしたり、かゆみを伴ったりして、不快感を生じることも多いです。高齢者の肌トラブルをケアする方法や注意点についてお伝えします。

高齢者の肌トラブルの原因

加齢とともに肌の保水力は衰え、肌は可能しやすくなります。水分保持力が低下すると、肌の弾力やハリが失われると同時に、皮脂の分泌が減少しバリア機能が低下します。加齢のほかに、バリア機能が低下する原因としては、肌への摩擦や圧迫、排泄物などの刺戟、紫外線、皮脂汚れ、さらには病気による免疫力の低下やストレスなども原因となります。

肌のバリア機能が低下すると、乾燥はひどくなり、かゆみやカビ、さらには細菌などが増殖し、かぶれや湿疹などを起こしやすくなります。高齢者の場合、免疫力も低下しているため新陳代謝も低下し、肌の再生がうまくいかないことが多いのです。

そのため、一度肌トラブルを起こすと、なかなか改善されないことも少なくありません。皮膚も薄くなっていることが多く、損傷しやすいとも言えます。高齢者の肌トラブル対策としては、肌のバリア機能を低下させないスキンケアや、肌を乾燥から守るお手入れが必要です。

肌に刺激を与えないようにする

肌トラブルを起こさないためにも、肌への刺激はできるだけ取り除くことが必要です。注意したいことの一つが入浴です。入浴で皮脂や汚れ、排泄物などを取り除き清潔にすることは大切です。ただし、洗浄する際には、やさしく、ていねいに行うのが基本です。タオルでゴシゴシとこすったりするのは避けましょう。洗浄剤も肌への刺激となることがあるので、洗浄剤を使って洗うのは1日、1回程度にしておくことです。熱いお湯や長時間の入浴も避けましょう。保湿成分が入った入浴剤などはおすすめです。

汚れが付着したら、ぬるま湯で洗うか、やさしくふき取るようにしましょう。洗浄剤も弱酸性で刺激の少ないものを選ぶことをおすすめします。

また、ナイロン製のタオルなどは、肌への刺激となりやすいので、シルクなど触り心地のよい、肌に刺激の少ない素材を選ぶといいでしょう。

特にお尻の肌荒れが気になる場合は、お尻の肌トラブル対策として、洗浄剤をよく泡立て、泡をすべらすようにしてやさしく洗います。こすらないように注意して、ペーパーなどで泡を拭き取るようにすると、肌への刺激が少なくてすむでしょう。おむつを使用している場合、蒸れて皮膚がふやけた状態になってしまうことがあります。

その場合は、撥水性クリームなどを塗布し、皮膚を保護することをおすすめします。

肌を乾燥から守る保湿ケア

バリア機能が低下した肌は、乾燥しやすく、化粧水などの水分を与えてもすぐに蒸発してしまいます。蒸発するときには、水分を伴って蒸発するので、さらに肌が乾燥しやすくなることもあります。特にお風呂上がりは肌内部の水分が蒸発しやすく、化粧水だけでは肌の乾燥を悪化させてしまう危険性もあります。

そこで必要なのは保湿ケアです。

お風呂上がりや肌の乾燥がひどいときには、保湿剤を使いましょう。保湿剤を肌にのせ、強くこすらないように注意しながら、やさしく押さえるようにして、肌に浸透させるように塗布します。このとき、指先で塗ると力が入りやすいので、手の平を使うといいでしょう。摩擦を少なくして、肌への刺激を低下させることが可能です。

日常生活における肌トラブル対策

体を洗う際に、ナイロン製などのタオルは避けた方がいいと述べましたが、肌着類にも同じとが言えます。ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、肌への刺激となることがあります。特に肌トラブルを起こしやすい敏感な肌の人には向いていません。

肌に直接触れる肌着は、シルクや木綿など通気性がよく肌への刺激が少ないものを選びましょう。

また、電気毛布などを使っていると、肌だけでなく体内の水分も減少しやすくなります。こまめに保湿剤を塗布したり、水分補給をしたりしましょう。高齢者は脱水症状を起こしやすいので、冬でも熱中症に注意が必要です。体内の水分が減少すると、皮膚トラブルを起こしやすくなります。

血行不良などにより、動脈硬化が進行したり排泄機能が低下したりすることも考えられます。1リットル程度の水分を、こまめに摂取するようにしましょう。ドリンク類が摂取できない場合は、ゼリーやフルーツなどで摂取するのもおすすめです。

まとめ

高齢者の肌は乾燥しやすく、また皮膚が薄くなっていることが多いです。

そのため、力を入れたり、摩擦を起こしたりすると、肌が損傷してしまうことがあります。保湿ケアで肌の乾燥対策をするとともに、保湿剤などを塗布するときやお風呂で洗浄するときなどは、やさしく、ていねいに行うことがポイントです。

関連記事