1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護サービス関連
  4. 介護保険で利用できるサービス

お役立ちコンテンツ

介護保険で利用できるサービス

  • B!
介護保険で利用できるサービスのアイキャッチ

介護保険が適用されるサービスとは

介護保険が適用されるサービスとは要介護、要支援状態にある65歳以上の高齢者(第1号被保険者)と40歳から64歳までの特定疾患とされる病気により要介護、要支援になった患者(第2号被保険者)が、介護保険料と国・自治体からの財源によって受けられるサービスです。自己負担の割合は収入に応じて変動します。

要介護1〜5に認定された人が利用できるサービスは「在宅(居宅)サービス」「施設サービス」「地域密着型サービス」の3種類に分類されます。

ここではそれぞれのメリットとデメリットについて説明していきたいと思います。

在宅(居宅)サービスとは

在宅(居宅)サービスとは、要介護、要支援者である高齢者が自宅で受けられるサービスです。「在宅」という言葉があるので誤解を招きやすいので注意が必要です。すべてのサービスを在宅で受けることができるのではなく、通所によるサービスも含まれます。

「訪問」によるサービスと「通所」によるサービスをまとめて在宅(居宅)サービス、としています。具体的なサービスですが、訪問のサービスとして、訪問介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問入浴介護、が挙げられます。主に自宅でヘルパーや看護師が行うサービスです。

また、通所のサービスとして、通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)などが挙げられます。こちらは送迎を含む、サービスです。

訪問サービスのメリット

訪問サービスのメリットとして住み慣れた自宅でサービスを受けられるという点が挙げられます。高齢者にとって自宅を離れて施設などの新しい環境に移ることは大きなストレスになる可能性があります。また、費用に関しても施設に入居する場合と比較すると安価なので家族にも経済的負担は少ないと言えます。

通所サービスの場合は基本的に自宅まで送迎車での送り迎えまでを行います。多くのサービスで朝迎えにきて、夕方自宅まで送るまでがサービスです。日中の時間を家族は自由に使うことができます。そのため、介護による身体的、精神的負担が軽減されるというメリットもあります。

訪問サービスのデメリット

デメリットとして、訪問介護は時間が限られているという点です。限られた時間の中でヘルパーは依頼内容をこなさなければいけないため、介護に関わるというよりは、作業をこなすという印象になってしまうかもしれません。

場合によっては本人や家族の要望とギャップが生じてしまい、希望通りのサービスではない、となってしまうかもしれません。注意点として介護保険適用者である方が対象となります。料理や洗濯などの生活援助に関しては家族などの同居人の分はサービス対象外です。

施設サービスとは

施設サービスとは、施設に入所して受ける介護サービスです。施設の種類として特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(2018年3月末で廃止、2024年4月から介護医療院に呼称変更、それまでは移行期間)において施設の介護スタッフによるサービスを受けることです。

施設サービスのメリット

メリットとして利用者は24時間体制で介護サービスを受けることができるので、持病などの容態が急変した場合でも介護スタッフによる対応が可能という点です。また、入居者同士の交流がある施設が多く、自宅で訪問介護サービスを受ける場合と比較して孤独感は少ないと言えます。

施設サービスのデメリット

デメリットとして、費用が高額であることと、施設の規則があるため、行動に関する制限が出てくることです。また、共同生活であるため孤独感はないですが、人間関係の問題が出てくる可能性があること、などが挙げられます。

地域密着型サービスとは

地域密着型サービスとは、住み慣れた地域での生活を継続するための介護サービスです。

例として、認知症対応型デイサービス、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、小規模多機能型居宅介護施設、などが挙げられます。メリットとして、現在生活している近辺でのサービスとなるため、本人にとっては生活環境に大きな変化はないことです。

そのため施設サービスのような決まった時間に食事や入浴介護がされるのではなく、本人の生活リズムに合ったサービスがなされることが多いです。

認知症対応型デイサービスや認知症対応型共同生活介護では定員が少人数での人員配置の割合が高く、認知症に関する専門的なケアが受けられるという点です。そのため、レクリエーションに関しても本人の自信ややる気を引き出すものが多いです。また、小規模多機能型居宅介護施設に関しては通所、宿泊、訪問サービス全てに対応しているため、通所から宿泊に変更したり、家族の急な予定変更に対応しやすいことが挙げられます。

デメリットとして通所サービスは地域密着型を利用し、在宅サービスは訪問介護を利用するなど、他の施設とのサービスの併用ができないことです。

まとめ

介護保険で利用できるサービスは増えてきましたが、どのサービスでもメリットとデメリットがあります。利用する本人の尊厳に関わってくる部分なので、家族だけで安易に決められることではありません。利用する本人の要望を踏まえながら決定することが大切です。

 

関連記事