1. HOME
  2. お役立ちコンテンツ
  3. 介護サービス関連
  4. 介護保険サービスを利用するには?

お役立ちコンテンツ

介護保険サービスを利用するには?

  • B!
介護保険サービスを利用するには?のアイキャッチ

介護保険サービスについて

介護保険サービスを利用したい場合、さまざまな手続きをすることが必要です。

介護施設へ申し込む前には、市区町村との相談や介護認定・介護事業者と契約などがあります。介護保険サービスに申し込む場合、「介護が必要になるサイン」を、本人や家族が把握することが大切です。その後、市区町村の担当窓口と相談します。介護が必要になるサインとは、「物忘れがある」「転んでから寝たきり」「退院する」「認知症になった」などです。

もし、このような言動や動きをし始めたら、介護保険サービスを検討するといいでしょう。直接窓口に行くだけでなく、電話で相談することも可能です。

まずは要介護認定の申請を!

市区町村と相談後、「要介護認定」の申請をします。介護保険サービスを利用するためには、要介護認定を受けることが必要です。要介護認定とは、どのくらいの介護が必要なのかを判定するもので、「要支援1~2」「要介護1~5」に区分されます。

要介護申請に料金は発生しません。申込は窓口で、インターネットやメールなどでは申請できないので注意しましょう。提出書類は「主治医の名前と病名が記載された申請書」「介護保険被保険者証」です。

申請書は窓口でもらうか、ホームページの書式をダウンロードします。申請書の病名などは主治医に記入してもらいますが、主治医がいない場合は市区町村指定の医師に意見書を書いてもらうといいでしょう。申請は本人や家族が行いますが、代行業者に依頼しても構いません。

最初に行う一次判定は、市区町村の担当者である「ケアマネージャー」が訪問調査をします。心身の状態や普段の様子を聞き取りした後、主治医の意見書を参考にして、7つのレベルに分けていきます。その後、介護認定審査会によって要介護度を決めるのが二次判定です。確認する項目は、身体機能や生活機能・認知機能・精神機能になります。また、薬の服用や買い物ができるかなどを判定する社会生活の適応も重要確認項目です。

ケアマネージャーの家庭訪問の時は、あらかじめ現在の症状を記録したものを見せるといいでしょう。特に症状が出る時と出ない時がある場合は、様子が変わった時の状態を記録しておくことが大切です。

要介護認定の審査結果

要介護認定の審査結果は、申請日から約30日前後で届きます。審査結果を待っている間にも介護保険サービスを使いたい場合は、ケアマネージャーに相談することが可能です。状態によっては、早めにサービスが利用できます。

審査結果が届いたら、「被保険者証」「認定通知書」の2つを確認することが大切です。認定通知書には、審査結果である要介護区分が記載されています。この区分によって、利用限度額やサービス内容が異なるので、介護保険サービスを申し込む時に重要です。

認定通知書には有効期限があり、基本的には6ヶ月を期限としています。有効期限内に介護保険サービスを申し込み、継続する時にも期限の確認が必要です。

介護保険サービスを利用するには

介護保険サービスを利用する時には、介護事業所や地域包括センターに連絡します。その際、介護認定の区分によって連絡先が異なるので、注意が必要です。自立や要支援1~2だった場合は、地域包括支援センターに連絡をして、サポート内容を相談します。

要介護1~5だった場合は、最初から居宅介護支援事業所へ連絡することが可能です。介護を受ける人が最適なサービスを受けられるように、ケアマネージャーと相談しながらケアプランを立てます。

ケアプラン

ケアプランは、ケアマネージャーが提案したプランを本人と家族が同意しないと成立しません。同意が出来ない場合は、要望や不安点を伝えて、新しいケアプランを作ってもらいます。基本的には、アセスメントとしてケアマネージャーと本人・家族がヒアリング面談をすることからです。

その後、担当者会議を開きます。会議には、ケアマネージャーや本人・家族だけでなく、介護に関わる事業の責任者も必要です。ケアプランが完成したら、介護保険サービスを提供する事業者と契約します。

要介護12

要支援1~2になった場合、「予防給付」のサービスを受けられます。予防給付とは、生活機能の維持や向上を目的に、介護状態にならないためのサポートです。基本的には自宅支援で、訪問リハビリや訪問介護・訪問入浴などをしています。

また、施設に通いリハビリや認知症予防をすることも可能です。さらに、ショートステイなどで施設に短期入所できます。福祉用具の貸出もあり、要支援であっても十分なサービスを受けられるでしょう。

要介護15

要介護1~5になった場合、介護給付のサービスを受けられます。介護給付では、ケアプランに沿った介護として介護施設を利用することが可能です。状態によって、介護老人福祉施設や介護老人保健施設・介護療養型医療施設などに分けられます。

基本的には、地域密着型サービスとして、自宅がある地域でサービスを受ける決まりです。地域密着型サービスなら、夜間対応型訪問介護や看護小規模多機能型居宅介護・グループホームなどを利用できます。

まとめ

居宅介護支援事業者は市区町村のホームページなどで調べることができますが、どこを選べばよいかわからないときは、地域包括支援センターへ相談することもできます。

当サイトに掲載しております施設に関しましては、直接お問い合わせいただくか、入居相談窓口までお問い合わせください。

関連記事